FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

小・中・大

車のナビに次の目的地を入力していると、
子供たちが、わたくしの手元を、横からのぞきこんできました。

兄:「は?なんだそれ?」
娘:「しょう・ちゅう・だい・たき?」
兄:「でかいのか、ちいさいのか、どっちなんだ」

そう!
その名も「小中大滝」

子:「コナカ・オオタキって言うんだよ」
娘:「へえ」
俺:「小中川水系最大の滝である」

娘&兄:「あっ、な~るホド!」

小中大滝_その1
小中大滝(落差50m)・上部概観】  (群馬県みどり市東町小中 『小中渓谷』

滝に到る途中の広河原では、多くの家族連れや若者たちのグループが、
水泳したり、バーベキューしたりして、夏の最後を楽しんでいました。

娘:「あたしも、泳いでみたかったな」
子:「この美しいグリーンの水!」
妻:「でも、こんなところで水着になるの?」
娘:「う……」

確かに!

この、ひっきりなしに訪れる観瀑客たちの好奇の眼に、
娘の水着姿が晒されるというのは、
わたくし、到底、我慢ができませんな!

兄:「おやじが、親バカ過ぎて泣ける……」

やかましいわ。

小中大滝_その2
【小中大滝・下部アップ】

娘:「でかいね~」
子:「でかいわ」
妻:「こんなところに、こんな大瀑があるなんて、ちょっと想像できなかったわね」

観瀑道は、かなりの高所に掛けられた鉄製の吊橋を渡って、
滝の下流左岸にあるテラスへと続いています。

妻:「このくらいしっかりした吊橋だと、安心」
子:「滝が50mもあるし、まわりの側壁はもっと高いし、吊橋様々だな」
娘:「でなきゃ、とてもじゃないけど近づけないよ」

吊橋からは、滝の下部と滝壺が見え、
奥のテラスからは、滝の落口と上部が見えます。

子:「しかし、全景が観れるポイントはないのか……」
娘:「全景、観たい」
兄:「それ、広葉樹の葉が無い時に来ないと、ダメなんじゃね?」

まあ、全景を見るなら、晩秋がベストでしょうかね。

娘:「小中大滝……そっか」
兄:「もフェイク」
子:「大滝は、やっぱり大滝だったということで」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ボウフラ天国

兄:「うわ、低っ。マジ低くね?」

麻苧の滝_その1
麻苧の滝(落差40m)・全景】  (群馬県安中市松井田町横川)

上信越道の横川インターを降りてスグのところにある滝!

ということで、高速道路を途中下車して、
みんなして、麻苧の滝に来てみた……のですが。

子:「いつもの滝本には、確かに落差40mとあるんだけどな」
娘:「20mくらいに見えるのは、あたしの目が悪いからなの?」
妻:「水量がないから、どうしても低く感じるんじゃない?」

そして、滝壺は広く浅くといった感じ。

子:「水量の増減が激しい滝なんだろうねえ」
俺:「ま、そうだな」
娘:「雪解けや大雨じゃないと、麻苧の滝の魅力が感じられないのか……」

麻苧の滝_その2
【麻苧の滝・落口アップ】

そしてさらに!

娘:「ムッカ~。また蚊に刺された」
子:「でっけー蚊」
妻:「だから、虫除けスプレーしときなさいって言ったでしょ」
兄:「うひゃ! これを見ろ!」
娘:「な、なに?」

滝壺をのぞき込んでいた長男君が叫びます。

兄:「ありえね~! 滝壺にボウフラが湧くって、ありえね~!」
子:「うわ~、水量が少な過ぎて、ボウフラ喰らう魚がいないんだ」
娘:「もうイヤだ~」

そう!
あちらこちらで靄って見える蚊柱。

わたくし、とうが立っているからか、あまり被害を受けないのですが、
肌年齢の若いお嬢さんは、蚊の攻撃を受けて、
すっかり参っているようです。

子:「すごいボウフラ天国
兄:「嬉しくねえよ!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 1 |  cm: 0
go page top

セカンド・ジョブ

俺:「見よ!」

ビデオ映像を一時停止し、
家族みんなに、高らかに告げるわたくし。

俺:「これが、前回、写真を取り損ねた般若滝である!」
子:「……」
俺:「どや!」


沈黙。


俺:「何か言えや!」

般若滝_その1
般若滝(落差20m)・全景】  (栃木県日光市中宮祠 『大谷川深沢右俣』

そうなのです。

前回の般若滝訪瀑時は、
滝壺にユンボが二台出ていて、工事中だったため、
一切の写真&映像を残していませんでした。

なので、満を持しての、今回の滝映像なのですが……

娘:「これが落差が20mなの?」
妻:「10mくらいに見えるわね」
俺:「これでも、水量は多いほうだぞ」
兄:「いやいや、水量の問題じゃないし」
子:「見た目、方等滝の三分の一くらいの落差だねえ」

う~む。

方等滝&般若滝_その1
【方等滝(左)と般若滝(右)】

なんだか、みんなの感想が芳しくありません。
事前に期待させ過ぎたかしら。

妻:「さすがに、20mまで行くと詐欺でしょ」
娘:「でも、方等滝より遠景だから、より低く見えてるってのはあるかもよ」
俺:「うむ」
子:「簡易レーザーで、測定とかできればなあ」
娘:「凄いお金かかりそう……」
俺:「う~む」
子:「そうだ!」

ガバッと立ち上がる次男君。

子:「おやじ、測量士になったらいいんじゃね?」
俺:「はい?」

あなた、突然、何を言い出すワケ?
そもそも測量士の資格を取るって、べらぼうにお金が掛かって、凄く大変なんですけど。

兄:「いいね~!いわゆるセカンド・ジョブってヤツか!」
娘:「わ、カッコいい!」
子:「ゲームでチートになるためには、複数のジョブを持つことは必須!」
娘:「そうじゃん!」
子:「フ。こんな時、ゲームの知識って、意外と使えるんだゼ」

それは、ただの無駄知識だ。

兄:「で、ゲーム・タイトルは、『チートおやじへの道、始まる』

はいい?

娘:「それイイ!流行りのラノベにありそう!」
子:「まず、空から女の子が降ってきて、出会いから始まるのが王道!」
兄:「でも、おやじだから、滝から降ってくるんじゃね?」
娘:「で、滝壺でお父さんが受け止めるんだね!」
子:「そして押しつぶされる!」

腹を抱えて笑っている妻。

俺:「おまえら止めろ!!!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

冬の厳しさ

娘:「猿だ!」

そうなのです。

以前に華厳の滝を訪れたときに観瀑したテラスへ行こうとしたら、
子猿を引き連れた、五匹ほどの猿の群れに遭遇してしまったのです。

猿@華厳_その1
【日光の猿(群れのボス)

妻:「また、随分と凄んでるわね」
娘:「怖い…」

映像越しに、
すぐ近くで、駐車場の整備員さんが、ゴミ箱の清掃をしている音が聞こえています。
なのに、いっこうに怯む様子のない猿たち。

あの~、そこをどいてくれないと、
わたくし、観瀑テラスに行けないんですけど。

子:「こいつら、ゴミのおこぼれに与ろうとしてるんだ」
兄:「で、ボスが、群れを護るために盾になってんじゃね?」

この猿たち、
観瀑テラスへ続く階段の欄干上に、ずーっと陣取ったまま。
テコでも動く気配がありません。

俺:「あっはっは。ボス猿と戦って勝てる気がしないし」
娘:「あたり前」

泣く泣く高い料金を支払って、エレベーターで下り、
下の有料観瀑テラスで華厳の滝を見ることにしたのでした。

俺:「お陰さまで、昼飯代が消えたわ!」

涅槃の滝_その1
涅槃の滝(落差20m)・鳥瞰】  (栃木県日光市中宮祠 『華厳渓谷』

この「涅槃の滝」
前回の訪瀑では見ることのできなかった滝です。

俺:「下の観瀑テラスで、上から覗き込むしか、方法がないからな」
子:「それでも、初観瀑なんだから、これはこれで良かったじゃん」
娘:「でも、上からじゃ、迫力に欠けるね」
子:「しゃーないって。滝前なんてムリ。昔は、遊歩道があって、行けたらしいんだけど」
娘:「へえ。今は?」
子:「頻繁な落石のせいで、通行止めだって」

「涅槃の滝」は、華厳の滝の170mほど下流にあって、前衛滝の様相を呈しています。
滝の周りは、ガッツリと柱状節理の岩壁に囲まれていて、
冬の厳しい天候のもと、その荒々しさが一層際立っている…。

妻:「日光の冬の厳しさって、生半可じゃないでしょ?」
俺:「そうね」
兄:「猿にすりゃ、人里の方が、餌を確保しやすいってか」

厳しいとは言っても、わたくしが行った時期は、まだ冬の初め。
厳冬期になったら、
それこそ、わたくしでは、近づけないのではないでしょうか。

俺:「ブリザードなんかになったら、余裕で遭難する自信があるわ」
娘:「はあ?地元に暮らしてる人はなに?」
俺:「吹雪は怖いぞ。勘弁してくれ」
子:「じゃ、お前が行けばいいだろ」
娘:「ふん。のぞむところ!」
兄:「猿に会いたくて、仕方がないよ~ってか?」
娘:「なにそれ?」
兄:「照れるなよ。仲間だろ」

ドスッ!

娘:「あっ!」
子:「あ…」
兄:「あ…」
妻:「あ…」

な、な、な……

娘:「ごご、ご、ごめんなさい!」

わたくしのお腹にめり込む
娘のこぶし。

俺:「なんで……俺が……」




人気ブログランキングへ
娘、カラテを習い始めました…
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

弱点発見!

須川峠に向かう道路の途中に、「安塚の不動滝」の駐車場があります。
車を降りると、直ぐ目の前に遊歩道の入口。
観瀑ポイントへ向かう道は、即行で急斜面となり、所によってはロープまで張ってある。

俺:「あれれ。もっとラクチンなイメージだったけど、これは、結構な難滝?」

さらに、濃厚に漂う獣の気配…
というか、クマの気配。

ちょっと向こう側を、何かがガサガサと移動してゆく音が聞こえています。
あれはきっと、熊鈴の音を聞きつけて、わたくしから距離を置こうとするクマがいるに違いありません。

俺:「生き物の影が濃い…」

知らず知らず口数の減るわたくし。

安塚不動滝_その1
安塚の不動滝(落差30m)・全景】  (新潟県上越市安塚区須川)

俺:「ところが、谷底に降りてみると、意外となだらかで、意表を突かれたね」

新潟は、豪雪によって抉られた急峻な地形が多いので、
遊歩道の出だしで、(ここもそうに違いない)と、すっかり思い込んでいました。

ところが実際は、田んぼがあっても全然違和感のない雰囲気。

俺:「なんかイイ。癒されるぞ」

わたくし、すっかり魅入られてしまったのでした。

俺:「言葉にできない雰囲気だったなあ」
娘:「ねね、虫の鳴き声が凄いね」

そして、シャワシャワという滝音と、リズミカルな何かの鳴き声。

子:「は?これ虫なのか?蛙じゃないの?」
娘:「お父さん、どっち?」
俺:「すまん。俺にもよく分からんのじゃ」

鳴き声の主が何という生き物なのか、よくわかりませんが、
しかし!
この鳴き声が、滝音とハモーニーを奏でて、却って静寂を感じさせる不思議。

俺:「ああ、クマさえいなけりゃ、滝のそばにテント張って、お泊りしてみたかったなあ」
子:「お父さん、こういう滝に弱いよね」
娘:「弱い弱い」
俺:「お、言われてみれば、そうかも」
娘:「これは、あれだ!」

何だ?

娘:「お父さんの弱点発見!




人気ブログランキングへ
見つかってしまった…
↑こちらをクリック!
tb: 1 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示