FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

ロックオン!

ある日のこと。

夜遅くに、仕事を終えて家に帰ってくると、
娘がわたくしを待っていました。

娘:「お父さん、お帰り~」
俺:「あれ? えらい遅くまで起きてるな」
娘:「うふふふ~」

え……
なんや不気味なんですが。

今井不動滝前工事_その1
【今井不動滝・滝壺前工事】

妻:「食事は?」
俺:「外で済ませてきたよ。ちゃんとメールしただろ?」
娘:「じゃあ、大丈夫だね!」

スッと、わたくしの前に差し出されるソフト・ドリンク。

俺:「ジンジャーエール?」
娘:「はい、どうぞ」

うおお、モンブランケーキじゃん!

娘:「これも、あたしが作ったの」

こちらは、ショートケーキ!

娘:「これもね」

なんと、チーズケーキまで!

俺:「どうしたんだこれは? 明日は台風なのか!」
娘:「うふふふ~」

いや、
だから気味が悪いって。

娘:「え~、だからね、その~」
俺:「…食べていいのか?」
妻:「どうぞ」
娘:「え~とね…」
俺:「いただきま~す!」
娘:「これ、今年の夏の自由研究の成果なの」


ブフォッ!


今井不動滝前工事_その2
【今井不動滝前・沢を遡行する重機】

俺:「滝はどうしたの!」
妻:「あなたの今夏の予定がハッキリしていなかったので、変えたのよ」
娘:「テーマは、『お父さん好みのケーキを焼こう』だから!」
俺:「……」


間。


俺:「君も協力したの?」
妻:「うふふふ~」

この母娘らは……

妻:「で、ご感想は?」
俺:「うむ。とても美味しいです」
娘:「でしょでしょ~」

照れ照れする娘。

娘:「お父さんにロックオン!」




人気ブログランキングへ
やられました……
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

自然のまま

子:「さて、今年もベスト滝を決めたいと思います」
娘:「ハイハイ!リクエスト!」
子:「そこ、どうぞ!」

毎年恒例となったBEST選定。
なのですが…
なぜに、次男君が仕切っている…

娘:「お父さんの編集は、いつもバックに音楽が流れます」
子:「うん」
娘:「良い曲だとは思うけど…」
子:「けど?」
娘:「あたしの趣味には合いません」
子:「フムフム」
娘:「さらに!」
子:「さらに?」
娘:「滝は、自然のママが、一番美しいと思います」
妻:「そうなのよね!」
兄:「禿同!」 (激しく同意します・の意)
子:「まさしく、その通り!」
俺:「……」

とういうワケで…

皆様のリクエストにお応えすべく、
「大自然」を主題に、2013年のベスト瀑布映像を作ってみました。

BEST2013.jpg
【Waterfalls in Japan My Best 2013】
 (クリックするとYoutubeへジャンプします)

俺:「これでどう?」


間。


俺:「どう?」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

すまぬ

俺:「すまぬ~!」
娘:「ほんとにもう!」

今年も、無事に授業参観が終わり、娘の「夏休みの自由研究」が我が家に戻ってきました。

夏の自由研究_その1
【夏休みの自由研究】

今年の夏は、選挙やら何やらで非常に忙しかったため、自由研究の件は、ほとんど妻におまかせでした。
なので、家に戻ってきた時点で、初めて彼女の「作品」を見たのです。

そしたら…

俺:「なんだこれ?」

そう!
どこかで見たことある内容じゃないですか。

具体的に言うと、一昨年の次男君のヤツと、去年のお嬢さんのヤツを、足して二で割った感じ。

娘:「その通りだけど、なんか文句ある?」
俺:「いや、これじゃ盗作だろ?」
娘:「はあ?何言ってんの!」

突然、怒り爆発のお嬢さん。

娘:「今年の春、あたし、自由研究を滝にしたいって約束したよね!」
俺:「うむ、そうだった」
娘:「最低、10滝は連れてってねって、お願いしたじゃん!」
俺:「うむ、そうだった」
娘:「で、実際に行ったのは何滝?」

え~と、
三本滝の頭でしょ。
それから…

あれ? これだけ?

娘:「そうだよ! わずか1本! それも、夏休み前のヤツ!」
俺:「うわ、そうだった」
娘:「滝1本で、どうやって自由研究すんの!」
俺:「あわわわ…」

よくよくお嬢さんの「作品」を見ると、
行ったことのない滝の写真を貼り付けたりして、色々と工夫してあるのが分かります。
いやいや、結構な力作じゃないですか。

苦労をかけたな…

俺:「本当にすまぬ~!」
娘:「うん。もういいよ」

ふふふ、と微笑むお嬢さん。

娘:「でも、この落とし前は、どこかでちゃんとつけてね!」




人気ブログランキングへ
なんか妻に似てきた…
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

秘瀑公開

俺:「さて、今年も滝ベストを決めたいんだが…」
子:「いいけど…」

けど、なんだ?

子:「ボクって、来年3月で卒業じゃん?」
俺:「おめでとう」
子:「で、中学で部活に入ると、今までみたいな観瀑はできなくなると思うんだ」
俺:「ふむ」
子:「でさ」
俺:「なんだよ」
子:「僕らに公開してない滝を、この際、全部見せて欲しい」
俺:「は?」
娘:「それ、あたしも、あたしも!」

実にいいタイミングで現れる娘たち。

妻:「いいわね。わたしのクリスマス・プレゼントは、それがいいわ」
兄:「いいね。俺も便乗して、おこぼれもらうことにするわ」
俺:「…」

というワケで。

今年もベスト映像を作ってみましたが、
予想外の滝が次々と出てくるベスト版になってしまいました。


【Waterfalls in Japan My Best 2012】
  (クリックすると、YouTubeへジャンプします)

娘:「ねね、来年からは、あたし?」
俺:「…」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0
go page top

迫力にせまる!

今年の夏、子供たちは、いつもと違っていました。

娘:「ねえ、めんどくさいから、一緒にやらない?」
子:「お、いいねえ」
妻:「確かに、その方が、効率が上がるかもね」
娘:「そう。アイディアも豊富だよ」
子:「へっ。これぞ、三人寄れば文殊の智恵」
俺:「二人だけどな!」

なんと、日頃、喧嘩ばかりしている二人が、
夏休みの自由研究に限っては、協力し合うというのです。

兄:「ほんと、こういうことだけ息が合うのな、おまえら」

そう!
二人とも、研究テーマは「滝の迫力にせまる!」


【夏の自由研究・次男君編】(妻撮影)

俺:「で、なんだ、これは」
子:「うん! まず、滝の迫力を定義するところから始めたんだ」
俺:「あのな…」
子:「ボクは、落差水量こそが、滝の迫力を形成する因子の全てだと思う」
俺:「いや、そうじゃなくて。これ、今年行った滝が一つもないぞ?」

急に、ニヤニヤし出す次男君。

子:「ふふ、言うと思った。このウラには、実は、深い思想があるんだ」

思想とな。

俺:「聞かせてもらおうか」
子:「去年の自由研究で、調査範囲を全国に広げたんだけどさ…」
俺:「おう」
子:「クラスのみんなには、パッとこなかったらしくって…」
俺:「おう」
子:「一昨年の自由研究の時みたいな、ブームが起こらなかったんだよ」

ふ~ん、ブームになっとったんか。
それは知りませんでした。

俺:「で、今回、調査範囲を絞ったと」
子:「そう!」
俺:「で、クラスのみんなは、山梨・長野・岐阜に、なぜか、パッとくるのな?」
子:「あっ………」

沈黙。

子:「えーっと…」

自由研究_その3-2
【夏の自由研究・娘編】(妻撮影)

娘:「ねね、あたしのも聞いてよ!」
俺:「はいはい」
娘:「あたしはね、落差水音の大きさ静けさの四つで、迫力が決まると思うんだ」

ほう。
次男君より、定義が緻密じゃないですか!
これは、意外とデキルのかも知れない。

俺:「で、この『静けさ』ってのは?」
娘:「さすがお父さん、目の付け処が違うね!」

お褒めにあずかり、恐縮です。

娘:「滝って、そこらへんにチョロンと懸かっているのと、真っ暗なゴルジュに懸かってるのとでは、全然、迫力が変わるじゃん」
俺:「おお、その通りだ」
娘:「このドワーッと圧倒するような大自然こそ、『静けさ』ってこと」

つまり…

語彙が不足しているってことか。

俺:「それを、どういう基準で評価したの?」
娘:「女のカン」

やはり小学生ですな。

俺:「で、聞くぞ?」
娘:「どうぞ」
俺:「お前も、今年行った滝が一つもないな?」
娘:「あははは。男が小さいこと、気にしない」
俺:「さらに聞くぞ? なぜ、白糸の滝が入っている」
娘:「はあ? 幅が一番大きかったからじゃん」

あそこは、確か、観光化の悪い影響を受けて、
滝前は、汲取り便所の臭いがしていたハズなんだが…

娘:「あっ………」

沈黙。

娘:「えーっと…」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示