FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

最難関へ

弥山川コース登りだけの一歩通行
引き返すのは禁止されています。

俺:「コースの難易度が高過ぎて、危険だからな」

そうかと言って、脚力の衰えを感じている今のわたくしには、
日帰りで、狼平まで上がって、そこから下山用の尾根ルートを下るとか、
とてもムリだと思われます。

俺:「そこで、ショートカットすることにした」

つまり、土石流で流されてしまった河原小屋跡付近から、登山道の対岸に渡り、下りの尾根ルートに合流するバリエーション・コースを行くことにしました。

双門の滝_その3
双門大滝(落差70m)・概観】(奈良県天川村大字北角 『弥山川』

子:「やっぱスゲえ」
妻:「左岸の側壁が、恐ろしいくらい垂直ね」
娘:「どうやったらこんな崖ができるワケ?」
俺:「知らんがな」
兄:「なんで、こんなところに登山コース設ける気になったし」
子:「世にも稀な名瀑があるからだろ
兄:「……」
妻:「誰か、凄く情熱的な人が居たんでしょ」

一の滝・二の滝から双門大滝までは、垂直に水平に斜めに、ただひたすらにハシゴが続きます。

俺:「それだけじゃないぞ。すんげえ痩せ尾根とか…」
みんな:「「うんうん」」
俺:「鎖しかない垂直な岩場とかあるんだ」
娘:「うわ~」

見下ろせば、確実に「滑落=死」な高さ。

子:「さすがは百選の滝・最難関だねえ」
娘:「ねね、岩場、怖かった?」
俺:「むう。どうだろう」

ただ、鎖などの補助具が、よく考えられた場所にあるので、
「岩場の基本・三点支持」が出来ていれば、何も恐れる必要はありません。

俺:「むしろ、木の根で覆われた痩せ尾根の方が怖かったな」
兄:「わかる。木の根って、滑るからな」

双門の滝_その4
【双門大滝・落口アップ】

そういう難コースにもかかわらず、
当日は、何組もの登山者と出会いました。

俺:「最初の若者パーティーは、途中で川に降りて、水着になってウォーター・スポーツしてた」
兄:「ほう」
娘:「えーっと、なにそれ」

難コースな上に、
大概の方は、狼平まで上がるか、
“下り禁止にもかかわらず”、双門大滝で引き返すからでしょう。

俺:「まさか、あんな隠れスポットへ水泳&BBQに来るとか、相当の策略家だ」
子:「静かな大自然を独占…… いいなそれ」
俺:「ああ。透明なエメラルド色の川を独り占め」
妻:「凄い贅沢ね」
兄:「新しいアウトドア・スタイルなのか、それとも変人か」
娘:「ちょっとウラヤマシイ」
子:「…変人が?」
娘:「ちがう!」

あと、わたくしを追い越して、狼平まで登るパーティーが一組。
その他の三組は、双門大滝で引き返して行きました。

双門の滝_その5
【双門大滝・下部アップ】

双門大滝の観瀑テラスで英気を養うこと、約1時間。
そのあと、ショートカット・ルートを目指して、河原小屋跡へ向かいます。

俺:「でな、河原小屋跡までが、これまた結構な難ルートなんだ」

流石に、垂直や水平なハシゴこそ無くなりましたが、
引き続き、緊張を強いられるような道が続きます。

俺:「精神的には、双門大滝までの行きルートと同じくらい疲弊した」
妻:「だから、双門大滝で引き返す人がいるんだ」
俺:「そうだと思う」
子:「なるほどねえ」

ただ、わたくしとしては、滑落リスクを極力減らしたいので、
粛々と河原小屋跡へ向かいます。

俺:「結局、それで大正解だったんだな、これが」
子:「ほう」
兄:「ほう」
娘:「ねね、そこんとこ詳しく!」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

議論白熱

俺:「屏風ヶ滝は、8mの二段滝と、7mのチョック・ストーン滝で構成される」
娘:「ふむふむ」
子:「トータルの落差が15mになるね」
俺:「そうや」

俺:「本命の貴船の滝は、4m前衛滝と25m本瀑だ」
娘:「じゃあ、総落差29mだね」
俺:「ところが、それが30mあるんだよ」
娘:「なんで? 計算が合わないじゃん!」
俺:「まあ、この映像を見てくれ」

貴船の滝_その1
貴船の滝(落差30m)・概観】(滋賀県高島市黒谷 『八池谷』

子:「この手前に写ってる小滝が、落差1mってワケ?」
俺:「そうや」

兄:「いやでもコレ、前衛滝じゃないだろ」
妻:「明らかに落差4m無いじゃない」
俺:「その通り。貴船の滝本瀑前衛滝の間にあるこの小滝こそ、プラス1mの原因やな」
兄:「そういうことかい」

娘:「ねね、お父さん、アップにしてみて」
俺:「あいよ」

貴船の滝_その2
【貴船の滝・手前の小滝】

娘:「まあまあの淵があるね」
子:「八ツ淵の精神に則れば、この小滝にも名前があってしかるべきなのか?」
俺:「だけど、この部分だけの名前は無いんだな」
妻:「流石にこれじゃ、滝とは言えないからでしょう」
兄:「まあ、ただの小淵だし」

娘:「そうか!」

俺:「なんだ?」
娘:「八ツ淵の精神だからこそ、この小滝を貴船の滝に含めるんだよ」
俺:「お…」
兄:「お前の言ってることが理解できね~」

子:「そもそもこの小滝、貴船の滝本瀑と離れ過ぎっていうか……」
妻:「確かに、距離があるわね」
子:「貴船の滝とするには、なんか釈然としないんだなあ」

屏風ヶ滝・落口@八ツ淵
【貴船の滝・前衛滝の落口と、屏風ヶ滝の落口】

兄:「うわ、こちらはむっちゃ繋がってるわ!」
娘:「すぐに屏風ヶ滝だ」
子:「コレ見ろよ。むしろ屏風ヶ滝に含めるべきじゃね?」

妻:「どういう基準で、貴船の滝屏風ヶ滝を分けたのかしら」
俺:「まあ俺的には、貴船の滝屏風ヶ滝とは、連瀑で一つの滝と考えてもいいと思うんだけどね」
兄:「更にこんがらがること言うな」
娘:「だって連瀑じゃ、八ツ淵の精神から外れちゃうでしょ」
俺:「そうなんだよな」

娘:「ねね、あたし思いついた!」

俺:「なにを?」
娘:「この際、1m小滝にも、4m前衛滝にも、名前を付けてあげたらどう?」
兄:「いや、いらね~」

子:「僕、わかった!」

妻:「なに?」
子:「この程度の小淵じゃ、八ツ淵の名に相応しくないんだよ!」
娘:「もっと立派な淵じゃないとダメって?」
子:「そう!」
妻:「もっと立派って……」


間。


兄:「あああ、話が面倒臭くなってきたんで、まとめる」

・連瀑説 → 総落差45mの大滝
・小滝と前衛滝を貴船の滝に含める説 → 貴船の滝30m、屏風ヶ滝15m
・小滝と前衛滝を屏風ヶ滝に含める説 → 屏風ヶ滝20m、貴船の滝25m


兄:「こういうことじゃね?」
子:「ナルホドねえ」
娘:「でも結局、トータルの落差は同じなワケでしょ」
兄:「あたりまえ」
娘:「だよね~」

娘:「ねね、あたし、どうでもよくなってきちゃったんだけど……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

おおお!

俺:「そしてお次が、さきほどチラッと話題に出てきた屏風ヶ滝である」

屏風ヶ滝_その1
【屏風ヶ滝(落差15m)・概観】(滋賀県高島市黒谷 『八池谷』

兄:「写真が傾いてるし」
俺:「巨大な淵の中で、胸まで水に浸かりながら撮影したからな」
娘:「また淵なの」
俺:「そりゃ、八ツ淵だから」
子:「あ~、その肝心の淵が、チョロッとしか写ってないんだが…」
俺:「ホレ!」

屏風ヶ滝_その2
【屏風ヶ滝・俯瞰】

子:「いや、だからさ…」
兄:「これスマホ写真じゃね? なんでカメラ出さなかったし」
俺:「よく気がついたな」
娘:「見れば分かるじゃん」
俺:「実は、屏風ヶ滝滝壺ゴルジュって、超・有名なダイビング・スポットなのだよ」


間。


子:「なんだと!」
兄:「マジか!」
娘:「ダイブしてきた?」
俺:「ああ。しかも今回、お前らの熱いリクエストに応えて自撮りしてきたぜ」

みんな:「「「おおお!」」」

娘:「ねね、早く見せて!」
俺:「ホレ!」

屏風ヶ滝_その3
【屏風ヶ滝・滝壺ダイブの瞬間】

子:「あー、ウン、知ってた」
兄:「ここでオヤジギャグをかますのか」
娘:「……」
妻:「なんか期待させられた分、失望も大きい」




人気ブログランキングへ
スミマセン m(_ _)m
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

名の由来

俺:「そもそも大擂鉢って、すぐ上に小擂鉢がある」
娘:「フム」
俺:「もう、完全な連瀑で、一つの滝としてカウントしていいと思うんだ」
妻:「でも、実際はそうじゃないわよね」
俺:「そう。つまりだ…」
子:「そういうことか!」

突然の大声に、
みんなの視線が、一斉に次男君へ集まります。

娘:「え?え? どゆこと?」
子:「八ツ淵名の由来が、ここにあった!」
娘:「だからどこに?」
子:「滝壺毎に、滝が分かれているんだ!」
娘:「え~と、それで?」
子:「滝の流身でなく、滝壺でもって、滝を認定してるんだよ!」

小擂鉢_その3
小擂鉢(落差5m)・下部滝壺】(滋賀県高島市黒谷 『八池谷』

つまり、余所だったら一つの滝でカウントするところを、
ここ八ツ淵の滝では、立派な滝壺ごとに滝を分けてカウントしているのではないか、ということですね。

娘:「あ~ナルホド」
子:「な! そうやって考えると、スゲー納得できるだろ?」
妻:「滋賀県って、滝壺に美を感じる文化なのかしら」
俺:「不思議だよな」
子:「まさか、こんな滝の見方があるなんて、ちょっと衝撃だゼ」

この小擂鉢の上流にも、屏風ヶ滝貴船の滝が連瀑でかかっていますが、しっかり別滝に分けられています。

子:「そうやって考えると、唐戸の滝って特異だわ」
俺:「そうだよなあ」
娘:「ゴルジュの中が見えないから」
子:「それな!」
妻:「本来なら、更に七滝くらいに分けるんでしょうけど」
娘:「唐戸の七滝とかね」
子:「おお、結構いけるんじゃね?」

小擂鉢_その2
【小擂鉢・滝壺】

子:「ウム、これは小擂鉢だ」
娘:「小擂鉢だね」
妻:「深いグリーンなのね」

まあ、ちょっと陰っていたので、
陽が射せば、もっときらめく感じのエメラルド色になると思われます。

子:「あれだ」
俺:「なんだ?」
子:「親父の言う通り、グリーンの釜こそが、八ツ淵の滝の主役なんだねえ」
俺:「そうなのよ」
妻:「つまり、大擂鉢の滝壷だけが主役じゃないってワケね」

小擂鉢_その1
【小擂鉢・流身アップ】

子:「だから八ツ淵
妻:「名の由来
俺:「そうやな」
娘:「これって、滋賀県の人が、滝壺を愛でるおかげだよね?」
俺:「は? いや、まあ、そういう人が多いんだろうけど」
娘:「なに?」
俺:「そこまで言い切っちゃうと、どうだろう……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

滝壺こそ

娘:「つまり、八ツ淵の滝ってのは、八つの滝と滝壷ってことだよね?」
俺:「それが、現地の看板を見ると、そういうことでもないらしいのだ」

ルート入口にかかる案内看板には、

1.魚止の淵
2.障子ヶ淵
3.唐戸の淵

4.大擂鉢
5.小摺鉢
6.屏風ヶ淵
7・貴船の淵
8.七遍返し淵

とあって、滝本体ではなく、滝壷に主眼を置いたような「淵」とか「鉢」という命名になっていました。

子:「つまり、滝はどうでもよいと?」
俺:「余りにも美しい滝壺のために、滝は、主役の座を得られなかった」
娘:「ホント?」
俺:「…のかも知れない」
子:「……」
妻:「当然、滝壺は、輝くばかりのエメラルド・グリーンなワケね?」
俺:「それはその通り!」

大擂鉢_その1
大擂鉢(落差7m)・概観】(滋賀県高島市黒谷 『八池谷』

俺:「見よ、これが一番人気の大擂鉢だ」


間。


俺:「美しかろう?」
娘:「う~ん」
俺:「釜の美しさは、ここが一番だな」
子:「ウ~ム」
俺:「滝はなんてことない斜瀑だが、滝壺が、エメラルド・グリーンの巨大なお椀状だろう」
妻:「そうね」
俺:「これこそが、やらやらの由来となっていると、俺は思うんだ」

大擂鉢_その2
【大擂鉢・滝壺アップ】

子:「つまり、大擂鉢滝壺こそ八ツ淵の滝を象徴していると?」
俺:「え? あ、いや、まあ、それは……どうだろう」


間。


俺:「どう思う?」
娘:「あたしに聞かないでよ!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示