FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

典型的な

兄:「で、この滝は何?」
子:「よくある千葉滝」
俺:「いやいやいや、そんな十把一絡げするなや」

これは、坊滝に到る途上にある増間七滝のひとつ。

俺:「その名も、千葉の名瀑『前蔵引の滝』である」

前蔵引の滝_その1
前蔵引の滝(落差9m)・全景】 (千葉県南房総市増間 『増間川』

俺:「なんと言っても、坊滝より水量が多かったぜ」
娘:「そう~?」
俺:「いや、多いだろ」
娘:「そうかな~」
子:「よし。汝の意見を開陳せよ」

紅茶をテーブルに置くと、
テレビに向かって前のめりになる娘。

娘:「ホラ、前蔵引の滝は落差が10mに満たないから、坊滝より水量が多く見えるだけで…」
みんな:「「フムフム」」
娘:「落差を坊滝並みの30mに引き伸ばしたら、同じようにショボくなるよ」
兄:「それ!」
子:「だよな!」
妻:「説得力あるじゃない」

お嬢さんの意見に拍手喝采な家族たち。

娘:「落差の規模が違うだけで、水量は一緒じゃん」

う~む……。

前蔵引の滝_その2
【前蔵引の滝・滝壺】

子:「じゃ、結論をどぞ!」
兄:「所詮は、典型的な千葉滝ということで」
娘:「異議なし!」
妻:「異議なし!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0
go page top

例外を探して

千葉の滝を訪問するにあたって、最大の難関となるのがヤマビルでしょう。

俺:「もっと言うと、ヤマビルのいない沢を探すのが難しいのだ!」
娘:「粟又の滝は例外だったってこと?」
俺:「その通り」

なので、千葉方面の訪瀑シーズンは、
わたくし的には、ヤマビルが発生する直前の3月がベストなのです。

俺:「そういうワケで、行ってきた」

沢山不動滝_その1
沢山不動滝(落差10m)・下部概観】(千葉県南房総市上滝田 『沢山不動』

娘:「ねね、早速しょぼいんだけど……」
子:「千葉の滝なんて、こんなもんだって」
兄:「おまえ、さりげなく千葉をディスってるワケ?」
子:「いいや、事実を述べただけ」

そうなのです。
千葉って、最大でも落差30m前後の滝しかありません。

子:「増間坊滝とか粟又の滝がそれ」
娘:「ふうん」
俺:「だいたい、千葉の最高峰が愛宕山の標高408mだぜ?」
兄:「おう……」

ハンノキ滝落差500mであることを考えると、なんとも寂しくなる数字です。

俺:「落差のある滝が、日本で最もできにくい環境が千葉県なのだよ」

沢山不動滝_その2
【沢山不動滝・下部主瀑アップ】

子:「で、季節による水の増減が激しいから、冬場は余計にショボクなる」
娘:「だったら、梅雨時に行けばいいじゃんね」
俺:「ヤ・マ・ビ・ル!」


間。


娘:「あたしも冬場がいいと思う、ウン!」

沢山不動滝_その3
【沢山不動・案内板】

娘:「ふ~ん。これで景勝地……」
兄:「ねえな」
子:「千葉って、こんな滝ばかりらしいよ」

わたくしが、なかなか千葉県に食指を伸ばさない理由がお分かり頂けただろうか。

俺:「だがな、例外というものは、どこにでも、必ずあるものなのさ!」
みんな:「「「!!!」」」

今回の訪瀑は、「千葉の例外を探して」に挑戦!




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

宿命

以前に訪瀑した千波の滝のすぐそばにあった、濁沢の滝

当時、雨後の激しい増水に恐れをなしたわたくしは、
結局、濁沢の滝を訪瀑せずに帰路についてしまったのでした。

俺:「今思えば、もったいないことしたよな~」
妻:「それでいいの! もう、安全第一でお願いします」

濁沢の滝と出合うためには、
車道脇に車をとめたあと、
チョロッとではありますが、沢を遡らなければなりません。

俺:「それでだな…」
子:「うん、前置きいらんし、昨日、リベンジして来たんだろ?」
俺:「……」
子:「ほらほら!」

くそう。

俺:「ええい、見よ!」

濁沢の滝_その1
濁沢の滝(落差40m)・全景】  (山梨県西八代郡市川三郷町垈 『芦川濁沢』

娘:「ええ? 落差40m?」
妻:「ないわね」
子:「20mちょっとじゃ……」

そうなのです。
落差40mというと、すぐお隣の千波の滝の、なんと半分にあたるのですが……。

子:「いいとこ、三分の一だろこれ」

さらに、
動画だと、ますます低く見えるから、困ったものです。

俺:「あれだ。水量が少ないと、かえって低く見えてしまうってヤツ」

濁沢の滝_その2
【濁沢の滝・上部アップ】

娘:「そもそも、秋に行くのが間違いかも知れない」
妻:「秋こそ、紅葉で滝が映えるベスト・シーズンじゃないの?」
子:「そうじゃなくて。たいがいの滝は、秋に水量が減るじゃんか」
妻:「…そうね」

こういう滑々した滝って、
水量の多寡によって、その表情を劇的に変化させますし。

濁沢の滝_その3
【濁沢の滝・下部アップ】

俺:「ということは、水量の多い初夏に来るべきだったか…」
妻:「でも、増水したキケンな激流に、わざわざ行くことはないわ」
子供たち:「「だよね」」

ですよね。

娘:「いわゆる痛し痒しだね」
子:「ジレンマとも言うねえ」
妻:「沢滝の宿命かしら……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

泥滝

子:「この滝、赤い泥壁に懸かってるように見えるんだけど……」
妻:「泥壁はないでしょ。もしそうなら、すぐ崩れちゃうから」
娘:「岩が、赤泥で染まっただけじゃ?」
兄:「つまりは泥滝ってか!」

池尻不動滝_その2
池尻不動滝(落差7m)・全景】  (新潟県十日町市池尻)

現場でみても、映像で見ても、泥っぽく見える池尻不動滝

本来は、もう少し黒っぽい滝のハズなのですが、
わたくしが観瀑した時、滝は、まさに赤泥色に染まっていました。

俺:「きっと、土砂の流出があったんだろう」
子:「まさかの土石流」
俺:「いやいや。田んぼの用水路みたいな川だったし、ソレはないと思うよ」
娘:「なら、どゆこと?」

恐らくは、滝の右岸側にある小山から流出した土砂が、
滝を洗ったものと思われます。

俺:「それが証拠に…」
子:「うん」
俺:「落差7mって聞いてたけど、実際は5mもなかったからね」
子:「そうか! 滝壺が、その土砂で埋まってしまったワケだ」
俺:「その通り」

滝が赤泥なのは、その時の名残に違いありません。

池尻不動滝_その1
【池尻不動滝・アップ】

兄:「今年の夏は、不順な天候が続いたし」
子:「池尻不動滝も、その犠牲になったか……」

国道沿いの滝ですし、
駐車場こそ無いものの、
滝見場にあたる国道脇のスペースは、綺麗に草刈りしてあったので、
観瀑に来る人は結構いると思われます。

妻:「だけど、少なくともわたしは、現地に行きたいとは思わないわ」
娘:「お父さんのビデオで充分だよね」
俺:「そうなのよ。だからまあ、なんとも不思議な滝だったわ」

ハイッと手を挙げる次男君。

子:「そういうことで、池尻不動滝を一言でまとめみよう!」
兄:「泥滝!」
娘:「泥滝!」
子:「泥滝!」


間。


子どもたち:「「「だよね~!」」」
妻:「……」

あれですね、
「里山で土砂に埋もれつつある泥滝」って感じで。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

俺:「うむ、まさしくだな」

今井糸滝_その1
今井糸滝(落差50m)・概観】  (新潟県糸魚川市大谷内 『虫川渓谷』

今井キャンプ場のテント・サイトから見上げて、虫川右岸の側壁に懸かっているのが、
この「今井糸滝」
今井不動滝から100mほど下流です。

こう、各地の滝を訪問していると、よく出会う滝名があります。
わたくしの体感ですが、とくに「不動」の滝名は、全国で見かけます。
日本の名字で多いと言われている、いわゆる「佐藤さん」「鈴木さん」に当たるでしょうか。

他にも「大滝」とか「白糸」とかは、割と多いのではないかと思われます。

子:「うん、糸滝ってのは、白糸の滝の変化形だよね」
妻:「そうかもね」
娘:「そう言えば、天滝渓谷にも糸滝ってあったね」
子:「よく覚えてんじゃん」
妻:「あと、絹糸の滝とか白滝とかも、白糸の滝の変化形かしら」
娘:「あるある!」

キーワードは、「糸」「白」ってとこでしょうか。

今井糸滝_その2
【今井糸滝・上部アップ】

俺:「実際に滝を見上げてみると、この上部の斜瀑が、糸滝のハイライトなんだよな」
娘:「へえ」
子:「なんで?」

こればっかりは、説明のしようがありません。
「実際に、現地に行って見てみろよ」としか。

妻:「そういうの、映像では、なかなか伝わらないのよね」

今井糸滝_その3
【今井糸滝・下部アップ】

俺:「あえて言葉にしてみるとだな…」
子供たち:「うん」
俺:「糸滝の上部って、遠望だと、凄く続きが気になるんだ」
娘:「続き???」
俺:「そ。木々に隠れて見えない滝の下部がどうなっているのか、無性に知りたくなるんだよ」
子:「ナルホド」
俺:「ところが、実際に、滝下部に近づいてみると、期待したほど、何かがあるワケじゃないんだな」
子供たち:「フム」
俺:「のような流身は、遠景では美しく、近景ではショボくなる」
子供たち:「う~む」
俺:「そうして知るワケだ。『おお、糸滝って、上部こそがハイライトだった!』ってね」


間。


妻:「よく分かったような、分からないような……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示