FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

どうしようもない

子:「お父さん、これ、行く時期を間違えたんじゃない?」

「七ツ滝」の映像を、愛用の滝のネタ本と見比べながら、意見を述べてくれる次男君。

七ツ滝_その1
七ツ滝(落差90m)・概観】  (山形県鶴岡市田麦俣 『七ツ滝沢』

そうなのです。
晩夏の七ツ滝沢は、極端に水量が少なくなっていて、あと少しで涸沢と言っていいレベル。
とてもじゃないですが、「七ツ滝」の姿は、期待していたものとは大きくかけ離れ、落差に相応しいスケールが感じられません。

俺:「だけどさ、実際に行ってみて、初めて分かることって結構あるじゃんか」
子:「それは…そうだ」

したり顔でうなずく次男君。
どれだけ事前に下調べをしても、必ずと言っていいほど新しい発見があるのが、これまでの滝見の経験から、よく分かっているのでしょう。

子:「これは、季節によって滝の姿が大きく変わることが分かる、貴重な証拠資料になるであろう」

資料

もはや「七ツ滝」は、次男君の脳内で整理済み。研究対象から外れてしまったようです。


【七ツ滝・上部アップ】

唯一の観瀑所から滝を見下ろす、このシチュエーションは、どことなく、ツムジクラ滝を彷彿とさせます。
この見下ろすというのが、また、滝の迫力が感じられないのに、一役買っているのでは…。

子:「お父さん、諦めよう。もう、この迫力のなさは、どうしようもないよ」

テレビ画像の彩度等を色々と調節しながら、なんとか滝の魅力を引き出そうと四苦八苦しているわたくしに、ついに、次男君が終了宣告。

子:「また、別の滝で、いいこともあると思うし」
俺:「むう…」
子:「こういうのを、人生万事サイオウが馬って言うんだろ」
娘:「それって、どういう意味だっけ?」

突然、会話に加わる娘。

子:「それはね、人生、山あり谷ありだよ」
娘:「だから、それ、どういう意味なの?」
子:「だから、捨てる神あれば、拾う神ありだってば」

沈黙。

娘:「だからそれ、どういう意味なのよ!」
子:「だからあ…」

ははは。

俺:「あのさ、ことわざで、ことわざを説明しようとしたって、どうしようもないよ?」



人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/99-ba11725f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示