FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

痛恨のミス

法体の滝を存分に味わった後、
いよいよ手代・奥山林道を通って、
大清水園地、鳥海山の百宅(ももやけ)登山口の横を抜け、山形県に入るのですが…

…非常に不安です。

俺:「果たして、我がベンツでもって、無事に、この林道を抜けられるのだろうか?」

特に心配なのが、
手代林道から奥山林道に移る黒瀬支線のあたり。

俺:「まあ、とりあえず、行ってみるか」

鳥海山_その1
鳥海山(標高2,236m)・山容】 (秋田県由利本荘市百宅登山口から)

途中、百宅登山口から、朝の鳥海山を撮影しました。

俺:「う~ん。たまには、滝以外の被写体も、いいものだなあ」

美しい山並に、ホッと一息。
しかし、わたくし、ここで痛恨のミスを犯してしまっていた…


【鳥海山・遠望】


子:「で、お父さん。大倉滝の写真は?」
俺:「…滝?」
子:「え?え? ま、まさか、撮ってないとかじゃ…」
俺:「やべえ…。忘れてた!」
子:「はあ? 何やってんの!!!」

そうなのです。
百宅登山口からは、落差96mにも及ぶ大瀑「大倉滝」が遠望できるのですが…

鳥海山の写真は撮ったくせに、滝、完璧に忘れてました!

俺:「でもだけどしかし! 大雨後の林道は大荒れで、大変だったんだよ!」

必死に言い訳を試みるわたくし。

俺:「路肩は怪しいし、落石は転がってるし、ダート路面は水流で溝が掘れてるし…」
子:「…」
俺:「黒瀬支線なんか、人の背丈まで草が覆いかぶさってて、ワダチがなければ、道なんかわからないところだったんだ。そんなんで対向車が来たらアウトだぜ? な? 滝のような朝露で、フロントガラスはワイパー掛けまくりだし、もう、不安で不安で、大変だったんだ。な?な?な? 分かってくれえええ!」

ブスっとした表情のまま、テレビ画面をピコピコいじっていた次男君でしたが…

子:「お父さん。一応、写ってる」
俺:「…はい?」
子:「拡大した。ほら」


大倉滝(落差96m)・上の写真を拡大しトリミング】


俺:「…おお」
子:「一応、写真が撮れてて、よかったね」

なんだか、次男君になぐさめられるわたくし。

俺:「まあ、あれだ。カメラ、高性能だったんだな」
子:「次回、リベンジ!」
俺:「…」



人気ブログランキングへ
そんな…二度も行けない…
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/96-75fb0df6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示