FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

静か

このひっそりとした感じ。意外です。

「法体の滝」
手前の、法体園地キャンプ場の美しい芝生広場には、端のほうに、ポツンと一つツェルトが張られているだけ。
あたりは、ただただ、滝の轟音が響き渡っています。

俺:「ここって、鳥海山の観光拠点じゃなかったっけ?」

はっ!
これは、「オフ・シーズンなら、静寂なる滝に出会えるチャンスがあります」ってことか!!

俺:(ラッキー!) (娘の声で脳内再生)


法体の滝(落差57m)・下段】
  (秋田県由利本荘市鳥海町百宅)

雪代がなくなる晩夏から秋にかけては、さすがの「法体の滝」も水量が減少するようで、若干、迫力がありません。

しかし、誰もいない法体園地には、早朝の冷気と、まもなく訪れる紅葉の気配に満ちていて、それが、ダイレクトにわたくしに働きかけてくる感じ。
何というか、普段、仕事でザワついている自分の心が、滝の息吹に触れて、すうっと沈潜してゆきます。

俺:「季節と語らう…。これ、いいね~」

久々に味わう感覚です。


【法体の滝・全景】


子:「ふーん。だから、こんなに静かな映像なんだね」

早速、次男君が感想を述べてくれたのですが…

俺:「静か?」
妻:「少なくとも、観光客が歓声を上げている感じではないわよ」
俺:「いや、わかるけどさ。映像が静かって、どういうことよ?」
子:「ふ」

ふ?

子:「それは、ボクの超能力
俺:「おまえ、何をほざいている」
子:「まさに、目の前にあるかのごとく、アリアリと滝をイメージし、その静けさを感じ取る力こそ、ボクの超能力の真髄なんだ」

変な決めポーズする次男君。

俺:「あ、そ」
妻:「なるほど。じゃあこれからは、滝に行かなくても、写真やビデオだけで充分ね?」
子:「!」

一瞬にして見つめ合う妻と子。

妻:「ね? ね? ね?」
子:「ふ、ふふふ、ふ…」

ニヤニヤ問い詰める妻。
ダラダラ冷や汗状態の次男君。

子:「ボクの力の源は、滝なんだ」
妻:「そう。それで?」
子:「だから、滝から離れすぎると、力が消滅する」

子&妻:「…」



人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/95-30346f0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示