FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

忘れた

南紀の滝巡りをしていて感じたことなのですが、
「道路によって滝の景観が損なわれている」というパターンに、結構、出会いました。


白見滝(落差15m)・概観】(次男君撮影)  (和歌山県新宮市高田)

こちらの「白見滝」は、鼻白滝に向かう途中、旧国道橋の奥に掛かる滝なのですが…

子:「この滝、あぶね~」

橋がボロボロで、迂闊に近づけません。
気を付けないと、いつ、転落事故につながるか分からない感じ。
ボロ橋と一緒に眺めるしか、選択肢がなさそうです。

子:「せっかく、那智の裏滝って二つ名まであるのに…」

どうしても自然の姿のままの白見滝を見たいというなら、
敢えてキケンを冒して、ボロ橋の上から広角撮影するか、
橋下まで降りて、沢床から撮影するかのどちらかでしょう。

兄:「そこまで命を掛けることでもないんじゃね?」
俺:「…だな」

無名滝@南紀_その1
鼻白滝近辺の無名滝目測落差70m)・下部】  (和歌山県新宮市熊野川町能城山本)

鼻白滝のそばから遠望できるこの無名滝、道路によって完璧に分断されてしまっています。

娘:「けっこう落差があるのに、もったいない~」
子:「こんなの、もう、人工滝だよ」
兄:「そもそも滝なんか?」

むむう…。
目測で70~80mはありそうなのに…


【鼻白滝近辺の無名滝・上部】

俺:「まあ、関西って、それだけ人が多くて、道路網が発達してるってことでもあるんだろうけどな」
子:「つまり、甲信越こそが、秘境って感じ?」
俺:「はあ?なぜ、そうなる!」

なんで、「甲信越」いきなり「秘境」って発想になるのだろう?

子:「本で読んだから」
俺:「何の!」
子:「滝の本」
俺:「だから、何の滝の本なの?」

子:「あ~あ~あ、忘れた」



人気ブログランキングへ
適当に言ってないかい?
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/91-1cd9a446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示