FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

禁止です

国土地理院の地形図で見ても、赤滝は、ひとつ尾根の向こう側になるので、
上半分しか観えないのは仕方がありません。
しかし赤滝と違って、こちらの黒滝は、地図的にはもっとダイレクトに観えると思ってたんですが…

俺:「赤滝より、観えねえじゃねえか!」

樹木に隠れてしまって、赤滝の豪快さとくらべると、かなり見劣りがします。

俺:「う~む。我ながら、まだまだ地図の読解が甘いな…」

黒滝・全景
黒滝(落差100m)・上部遠望】  (山形県米沢市関 『洗納沢』

この黒滝、アップで見ると豊かな水量を落としていて、
規模の大きそうな感じが、充分に伝わってきます。

俺:「早春か晩秋で、もっと木葉が少ない時期に来たらよかったな」


【黒滝・上部下段】

子:「で、このバックの音はなに?」
俺:「そりゃ、クルマに決まってるだろう」
子:「う~ん、ダメじゃん」

西吾妻スカイバレーは意外と交通量が多くて、トラックも走っています。
ビデオからも、頻繁に行き交うトラックの走行音が。

子:「自然の息吹こそ滝見の醍醐味なのに、クルマの音? もったいない」
妻:「別に、お父さん、沢屋さんでもないんだし、これで充分じゃない」
子:「そりゃあ、そうなんだけどさ…」

ブツブツ言っている次男君。

娘:「ねえ、沢屋さんって、なに?」
子:「滝を登ったり、沢を遡行したりする人のことだよ」
娘:「泳ぐの? アユみたいに?」

子&俺:「ちがう!」

それは遡上な!


芳沢不動滝(落差15m)・概観】  (山形県米沢市関 『芳沢』

俺:「でもまあ、これくらいの滝なら、お前らと一緒に登れるかもな~」
子:「え、ホントに?」
娘:「へええ、面白そう」

この滝は、赤滝・黒滝に向かう途中、スカイバレーの道路脇に掛かっている小滝です。

妻:「そういうのは禁止です
子:「えええ?…小さな滝だよ?」
妻:「危険なので、禁止です
娘:「だって…お母さんは、登らなくていいんだよ?」
妻:「危ないので、禁止です
みんな:「…」

妻:「禁止です!」(微笑)



人気ブログランキングへ
そして沈黙する我が家…
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/72-ef3520df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示