FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

ぶっ飛ぶ

ひどい雨です。

俺:「フフ。ついに、新兵器・ゴアテックス製レインウェアの威力を試す時が来た!」

川は、水量は多いものの、水の色は、まだ濁りの少ない透明なまま。
午後から晴れる予報ですし、雷の心配も無いので、思い切って、観瀑に踏み切ることにしました。
新しいギアを使う時って、ワクワク・ドキドキします。

俺:「やっぱ違うなあ…」

暑くて汗が噴き出しているハズなのに、一体どこから湿気が抜けてゆくのでしょうか。
爽やかゴアテックス、なんという威力!

俺:「濡れないのに蒸れない。こりゃたまらん。最高じゃあ!」

以前、妻のために登山靴を買った折、店員さんから、

店:「足回りだけじゃダメですよ。レインウェア選びも、命を守る大切な要です」

と、さんざんご講義を賜ったのですが、
それを覚えていた妻が、今回、すんなりとレインウェア購入に、ゴーサインを出してくれたのでした。

俺:「妻よ、ありがとう。そして、ありがとう!」

新型レインウェアの素晴らしい機能を味わうこと30分余り。ニヤニヤ歩いている内に、目的の観瀑ポイントが近づいてきました。

段々と樹木の隙間からが見えてきます。

俺:「ほおぉぉ…」


滑川大滝(落差80m)・全景】  (山形県米沢市大沢 『大滝沢』

俺:「…ぉぉおおおおおお!!」

なんちゅう半端ないスケール!

三本滝の黒沢の滝や、鈴ヶ滝湯滝など、
これまでも、幾つか分岐瀑を観てはきましたが、この滝、飛びぬけています。
何と言うか、次元が違うのです。

これ、日本か?
ホントに日本の景色なのか?


撮影がひと段落する頃には、靄もだいぶ消えて、周りの景色がハッキリしてきました。
雨が小降りになってきたので、次の撮影場所へ移動するため、木陰から出て、ふと見上げると…

俺:「ななな…」

今度は、滑川大滝の下流・上部左岸側に、水流は細いものの、とんでもない落差の滝が…

俺:「なんだ、あれは!」

滑川布滝_その2
布滝(落差100m)・主部】

これ、滝と認定できる部分だけでも、およそ100mはあると思われます。


【布滝・遠景】

少なくとも、スラブの部分は完全にでしょうから、
その傾斜角度を基準にすれば、
本流に流れ込むまでの全てを「滝」と考えることもできるかも知れません。

もしそうならば、一体、何メートルの落差になるんだろ…
こんな巨大な衛星滝を従えているなんて…

滑川大滝凄すぎる!

なんだかもう、ゴアテックスの感動も、
大滝の前では小さなケシつぶとなって、ぶっ飛んでしまいました。

俺:「大自然の前では、しょせん俺たち人間は、小さな存在にしか過ぎないのだなあ…」

まざまざと、自然の造形力神秘の力を思い知らせてくれる巨瀑でした。



人気ブログランキングへ
まさに巨瀑!
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/70-7548620e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示