FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

滝の条件

子:「あんなのじゃないや!」
俺:「いや、だ」
子:「ただの急流じゃんか」
俺:「いや、布滝って立派な名前が付いてる」
子:「ぜったい違う!」

塩原渓谷の箒川本流にかかる布滝に来ています。
遊歩道から国道400号線を挟んだ向こう側に、ドウドウと濁流を落としてるのが見えるのですが…

子:「だって、アレ、どこが落口?」
俺:「そうだな…」
子:「どこが滝壺?」
俺:「う~ん」
子:「どれが流身?」
俺:「…」
子:「何一つ滝の条件を満たしていないじゃん!」

次男君の熱い突っ込みに、わたくし、タジタジです。

子:「ぼくはね、ぼくは、渓流瀑なんか滝として認めない!」
俺:「そうは言ったって、竜頭の滝だって、渓流瀑だったろ。おまえのお気に入りじゃないか」
子:「だってあれは、明らかに直瀑でフィニッシュしてる」
俺:「確かに…」
子:「だけど、このは違う!」

河原に降りて観瀑しないと、きっと落差が実感できない滝なのでしょう。
今日は水量が多いため、余計に落差が感じられません。

ただ、この水位で川に降りるのは、あまりにも危険すぎるな。

子:「名に偽りあり!」

いや、そんな断定するなよ…

箒川布滝_その1
箒川布滝(落差7m)・俯瞰】  (栃木県那須塩原市塩原 『潜竜峡』

しかし、さすが本流に掛かるだけあって、迫力は相当なものです。
周囲の岩肌も、なんか独特の色合いがあります。

ちなみに、資料によると渓流瀑ではありません。(一応、直瀑になってます。)

俺:「おや~? なんかが見えないか」
子:「え? ほんと?」

わたくしからカメラを取り上げるようにして、ズームで覗き込む次男君。

子:「あれ、岩が虹色に染まってる感じ?」
俺:「温泉が多いし、そうかも知れんね」
子:「でも、本当のだったらいいな」
俺:「う~む、ここからだと微妙だな~」
子:「ねえ、だったら、として認めてあげようよ!」

は? どうしてそうなる?

つうか、さっきの熱い議論はどこへ行った!


【箒川布滝・虹色の部分をアップ】

子:「ねえ、お父さん」
俺:「なんだ」
子:「あれ、で決定ね。だからでオッケー!」

いや、まてまてまて!

俺:「である」ことに異論はないが…」

しかし!



人気ブログランキングへ
その変わり身の早さは…
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/58-72168708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示