05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

迫力

さてさて。
風挙の滝を越えると、景色が一変! 目の前に、圧倒的な絶壁が迫ってきました。

みんな:「おお…」

水流が直角に折れ曲がるところに、
ぶ厚いコンクリートと、鉄製の金網でガンガンに防護された、無骨な観瀑台が見えてきます。
屈曲部の先に滝が見えるこの景色って、どことなく袋田の滝を彷彿とさせないでもありませんが…

この圧倒的な威圧感はなんだ?

子:「お父さん、ここ、凄すぎる…」

コンクリートに囲まれた、洞窟のような、テラスのような観瀑台から見上げる竜化の滝に、息をのむ我が家。

竜化の滝_その1
竜化の滝(落差40m)・全景】  (栃木県那須塩原市塩原 『寒沢』

垂直の岩壁に挟まれた深いゴルジュを、見上げれば首が痛くなるような高さから、怒涛のごとく駆け下ってくる滝水。まさに竜の如し

くそう、この凄まじさを、上手く写真に捉え切れない!

子:「お父さん、早く貸して!」

次男君、いても立ってもいられなくなって、とうとう、わたくしからカメラを奪い取るようにして撮影を始めました。

妻:「これ、本当に落差が40mしかないの?」
娘:「もっとあるよね!」
兄:「80mくらい?」

みんなアホみたいに、上を見上げてるのが、どこか笑えます…

子:「いや、これで40m!」
娘:「信じられない…」
子:「これが、名瀑と言われる滝の真の迫力なんだ!」

さらに、雨滴とともに、時折、小さな石ころがパラパラと降ってきたりして、
頻繁に落石が起きていることを教えてくれます。
で、これがまた、滝の凄みを増している…

娘:「うわ~、このコンクリートが無かったら、わたしたち、落石で死んじゃうね」
俺:「ああ」
子:「不自然な人工物だけど、を観るためには仕方がない」

お。珍しく、次男君が人工の建造物の存在を肯定した…

子:「必要悪ってヤツ。おかげで、ボクらでも、この迫力を堪能できるんだ」
娘:「ふーん…」
兄:「相変わらず、を語らせると、神だな」

子:「ふ」

いや、そこで変にポーズつけなくてもいいって。充分、スゴイから。


【竜化の滝】(次男君撮影)

子:「お父さん!」
俺:「なんだ?」
子:「今日の写真、ボクの自信作かも!」
妻:「あら。楽しみだわ」

子:「ふ」

だから、おかしなポーズが余分だっちゅうの。

とにかく、自然の造形に圧倒されっぱなしの名瀑でした。



人気ブログランキングへ
我が家の一番いい場所に、彼の写真が飾られることに…
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/56-80e49e5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示