FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

滝の恥

俺:「こ、これは!」

美しい直瀑の雄滝と比べて、複合瀑布であるらしい「雌滝」
何と言うか、“見応えの無さ”が際立ちます。

竜頭ヶ滝・雌滝_その1
龍頭ヶ滝・雌滝(落差30m)正面】(島根県雲南市掛合町松笠『滝谷』

雄滝のすぐ下流にある雌滝
正面に立ってはみるものの、最後の一段が見えるだけで、あとは岩や樹木に隠されてしまっています。

俺:「いやあ、見応えが無さ過ぎじゃねえの?」

この雌滝百選滝に含まれているワケですから、このままじゃ納得できません。
どこかもっと全景が見渡せるポイントがないか探します。

俺:「もう一度、落口辺りまで登ってみるか」

せっかく降りてきた山道ですが、
滝の上部を目指して、登り返すことにしたのでした。

竜頭ヶ滝・雌滝_その2
【龍頭ヶ滝・雌滝・落口】

子:「滝の全景を見るのに、なんで落口へ戻ったし?」
娘:「雌滝下流の左岸や右岸の崖上から、とかダメだったの?」

まあ、観光の滝ってことで、カメラと三脚しか持って行きませんでしたし、
辺りは観光客だらけでしたので。

妻:「確かに、シルバー世代の皆様の中に、ただ一人、重装備ヘルメットじゃ、違和感だらけだわ」
俺:「分かってくれる?」
娘:「ちょっと待って。滝の恥はかき捨てじゃなかったの?」
俺:「は? なんだそれは!」
子:「あれだね。滝へ行ったって知り合いもいないし、長く滞在するワケでもないから、恥をかいてもその場限り」
俺:「え」

「一期一会」ってことで考えれば、その通りなのかも知れませんが、
この龍頭ヶ滝では、わたくし、それをする勇気はありませんでした。

俺:「だって考えてもみろよ。観光客だらけってことは、絶対に落石とか起こしちゃダメなんだぜ?」
妻:「リスクが高すぎるわ」
子:「ま、そうか」
娘:「ま、そうだよね」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/484-e1d4eca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示