FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

帰路は登り

「龍頭八重滝」と称される、島根県の「百選の滝」

俺:「最近まで、これが『八重滝』『龍頭ヶ滝』の合わせ技で「百選」だったことを知らなかったんだよ」

「龍頭ヶ滝」は、雄滝雌滝の二滝で構成され、
「八重滝」は、八汐滝八塩滝姫滝姥滝河鹿滝紅葉滝滝尻滝猿飛滝の八滝で構成されています。

子:「そう書いてあるじゃん」

いつものバイブルを開いて宣う次男君。

娘:「お父さん読んでないでしょ。明らかに読んでないよね」
俺:「いや~済まない」

だって、遠方の滝って、行くつもりになって調査しないと、あまり記憶に残らないじゃないですか。

娘:「お父さん、滝への愛が薄らいでない?」
俺:「む。そんなことはないぞ」
子:「龍頭八重滝が、親父にとっては雑魚滝だっただけじゃね?」
娘:「ええー?百選だよ?」
俺:「むむむ」

娘の鋭いツッコミに、わたくし、たじたじ。

龍頭・雄滝_その1jpg
【龍頭ヶ滝・雄滝(落差40m)全景】(島根県雲南市掛合町松笠『滝谷』

龍頭ヶ滝はかなりの人気のスポットなので、早朝、誰もいない頃合いを狙って訪瀑してみました。

俺:「しかし世間は甘くなかった。プロっぽいカメラマンが、既に雄滝前を占拠してたわ」
子:「おおう」
妻:「あらら」

カメラマン氏の背後で三脚をセットし、いつでも入れ替われるよう待機すること15分。
遂にわたくしの出番が回って来ました。

娘:「それって、お父さんの威圧に根負けしただけじゃ…」

龍頭・雄滝_その2jpg
【龍頭ヶ滝・雄滝・落口アップ】

しかし、わたくしの撮影時間も15分しかありませんでした。

子:「頑張って早朝に来て、わずか15分って」
俺:「そうなのよ」
娘:「人気の滝って、動画撮影の難所だよね」
俺:「俺が車を駐めたのは、滝の上流にある『滝の上駐車場』って所だったんだけどな」
娘:「うん」
俺:「だだっ広い駐車場に俺の車しかなかったんで、もっと長時間撮影できると思ってたんだ」
妻:「なるほど」

ところが、滝の下流側からやってきたシルバー世代の団体様。
下流側は進入道路が狭い上に、車も15台しか駐められないと聞いていたので、これは想定外。
しかも、一団体ではなくて、次から次へとやって来るではないですか。

妻:「シルバーの皆様には、帰りが登り坂だと辛いんじゃないの?」
娘:「あ~ナルホド」
子:「そりゃ~無理してでも下流側から来るか」

言われてみれば、
あの坂を帰路で登るのは、かなりキツかったっけ。

龍頭・雄滝_その3jpg
【龍頭ヶ滝・雄滝・滝壺アップ】

娘:「なら、あたし達が行くときは、帰りが楽な下流側の駐車場だね」
子:「行く時なんか無いんじゃね?」
妻:「ぜひ、あなたのお小遣いを貯めて行ってね」
娘:「お父さん、登り道、ご苦労さまでした」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/483-17a1f08e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示