FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

日本離れ

俺:「スゲー! 日本離れしてら」

わたくし、遂に東北の難関「百選の滝」、『松見の滝』前に立ったのでした。

松見の滝_その2
松見の滝(落差90m)概観】(青森県十和田『黄瀬川』

支流・黄瀬川が奥入瀬川に流入する辺りに、松見の滝・観瀑者向けと思われる駐車スペースがあります。

俺:「朝早いのに、地元の軽トラが止まってるな……」

そこに駐車すると、いよいよ片道4時間近い林道歩き。
熊対策として撃退用スプレーと熊鈴2個をセットすると、ゲート脇をすり抜けて林道に入ります。

俺:「あれ? なんでこんなところに自転車が?」

途中、いかにもママチャリといった感じの自転車が、川辺に止めてありました。
よく見ると、色々と釣り関係の道具が積んであるようです。
恐らくは、先ほどの軽トラ持ち主さんではないでしょうか。

俺:「釣り師か。こんな早朝から、こんな奥地まで自転車持ち込みなんて、スゲー執念やな」

松見の滝_その3
【松見の滝・アップ】

子:「いやいや、釣り師から見たら、親父こそストーカーだから!」
俺:「は?」
娘:「わざわざ重い撮影機材背負ってるしね」
妻:「でも、ストーカーとかは酷いんじゃないの?」
娘:「せめて滝狂いだよね」
妻:「もっと酷いじゃない……」

久々にバイノーラル録音にて長時間動画を撮影したので、その映像を皆で楽しみながら、わたくしが折々に解説を入れて行きます。

俺:「あと、途中で民間会社の私有地を通らせて頂くんだけどな」
みんな:「「うん」」
俺:「管理人と思われる人が、猟犬を2匹連れて見回りしてたのには驚いた」
娘:「猟犬?」
俺:「おう。でっかいオオカミみたいでビビるで!」
子:「熊か。 熊対策なんだろ?」

道中、2回熊と接近遭遇しましたので、確かに熊対策というのはあるでしょう。

俺:「でも、こちらの担いでいた三脚をジーッと見てたから、違法な釣りや採取を取り締まってたんだと思うぞ」
妻:「釣具かどうか、見られてたってコト?」
俺:「そう。威圧感が半端なかったぜ」
子:「国立公園だからねえ」

でもまあ、見れば滝見に来たことがすぐに分かる格好でしたから。

妻:「いえいえ。沢靴に渓流用スパッツにヘルメット。これでカメラと三脚がなければ、間違いなく釣り師ね」
子:「言われてみれば、オヤジみたいな本格的滝見って、釣り師と区別が付かねえ」
娘:「ホントだ」


……。


松見の滝_その4
【松見の滝・アップ】

俺:「滝もスゲえんだが、周りの景観に圧倒されたね」
子:「火山性の渓谷だっけ」
俺:「そうや」
娘:「柱状節理?」
俺:「そうや」

わたくしが見たのは滝周りの景観だけですが、
実は、滝の下流からずっと、見事な柱状節理の断崖が続くのだそうです。

俺:「あまりに周りが凄いので、最初、滝の落差が60m位に見えたんだけどな」
みんな:「「うん」」
俺:「滝に近づいたら、全てが日本離れしたスケールだったことに気がついた」
妻:「なんか凄いわね」

近づけば近づくほどに、自分の小ささが実感されます。

娘:「ねえ、なんかそれ、どっかで聞いたことある」
子:「三重の大杉谷と似てね?」
娘:「それだ!」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/478-8957915f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示