FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

それは枝滝

壇鏡の滝は、雄滝が本滝で、雌滝が枝滝にあたるかと思います。

俺:「雄滝の方は、拝殿があって美しかったんだがな」
娘:「うん」
俺:「雌滝は何だか建物の裏側にかかってる感じでさ」
子:「ふむ」
俺:「陶器の破片とかが散らばってて、汚い印象だったんだよ」
妻:「そうなの」
娘:「写真だと、あんまし分かんないけど……」

壇行の滝・雌滝_その1
壇鏡の滝・雌滝(落差35m)概観】(島根県隠岐の島町那久)

そして、国土地理院の地図によると、雌滝の上流には、さらに大きな滝がかかっているようなのです。

俺:「ひょっとすると、滝としては、上流の方が本命かも知れないんだがな」
子:「あれか、行くだけの時間が無かったってか?」
俺:「まあな」
娘:「日帰りじゃなくて、ちゃんと一泊すればいいのに」

だからそれだと、お金がかかって大変なんですってば。

俺:「それに、その上流の滝は、百選じゃないから」
妻:「つまり、観瀑の優先順位は下がるワケね」
俺:「そういうこと」

壇行の滝・雌滝_その2
【壇鏡の滝・雌滝・上段部】

俺:「まあ、写真で見ると、悪い滝ではないんだがなあ」

でも、滝壺も滝周りも、ちょっと汚い感じがあって残念でした。
地図上では上流に本命っぽい大滝があるようで、そこもまた残念なところ。

子:「雌滝も、岩が火山性だから、見た目は独特だけどな」
娘:「直瀑じゃないから、雄滝と比べると、やっぱり見劣りするし」

やはり、雌滝は、枝滝という位置づけなのでしょう。




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/477-147e9079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示