06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

哀しいね

俺:「金引の滝に行ってみて、もう一つガッカリしたことがある」
娘:「何?」
俺:「さらに二つの衛星滝が、『観光』の犠牲になってるんだな」
子:「あ~、そういうことかあ」

白竜の滝_その1
白竜の滝(落差5m)・全景】(京都府宮津市字滝馬)

俺:「まず、この白竜の滝金引の滝の直ぐ手前にあるんだけど…」
みんな:「「うん」」
俺:「すぐ横が遊歩道なんだ」
みんな:「「あ~……」」

白竜の滝の直ぐ側には「北向地蔵尊」の小さな祠があって、
滝前にはベンチまで置かれているのですが……。

妻:「落口の向こうに遊歩道が見えちゃってるじゃない」
俺:「そうなのよ」
子:「ベンチに座る意味、無くね?」
娘:「見事に、滝がやられちゃってる」

臥龍の滝_その1
臥龍の滝(落差5m)・概観】(京都府宮津市字滝馬)

こちらの臥龍の滝は、右岸側壁上がそのまま遊歩道。

妻:「で、遊歩道から撮影したってワケ?」
俺:「そや」
子:「ゴルジュっぽい、いい感じなのに」
娘:「ねね、滝下から撮影できなかったの?」

遊歩道を下ったところから渓流に入れば、
恐らく簡単に撮影できるものと思われます。

俺:「だがな、そのためだけに靴を濡らす必要性を感じなかったのさ」
妻:「え? あなた、沢靴履いてたんじゃないの?」

それはもちろん、履いてました。

俺:「沢靴って言ったって、濡れれば気持ち悪いのは同じだから」
妻:「あ~……」
娘:「つまり、その程度の価値も感じなかった…」
俺:「そうや」

しかも、本来、本瀑の金引、衛星瀑の白竜臥龍の三滝をまとめたものを「金引の滝」と総称するのだそうです。

妻:「言われないと、誰も、そうは思わないんじゃない?」
娘:「だよね」
子:「哀しいね」
俺:「ああ」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/472-0022e72e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示