FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

これもか!

関西圏の百選滝ながら、長らく“放置”したままだった
京都府にある金引の滝

娘:「なんで行ってなかったの?」

それは、わたくし自身が、金引の滝にあまり魅力を感じていなかったというのが、最大の理由でしょう。

妻:「具体的に言うと?」
俺:「そうやなあ……」

第一に、滝の魅力と言うよりは、天橋立観光の一環としての位置づけの方が、大きく感じられること。

子:「あれか!木曽の男滝女滝みたいな感じか!」
俺:「そうそう。滝はオマケや」
妻:「確か、馬籠宿と妻籠宿を結ぶ、中山道観光の一環だった滝ね」
俺:「その通り」
娘:「ナルホド、思い出しました」

第二に、「日本を代表する観光地には、必ず、百選滝があるべき」みたいな、選考上の(我が家にとってはどうでもいい)基準が見え隠れすること。

俺:「あれだよ。『富士山白糸の滝あり!』みたいな」
子:「ああ、あのトイレ臭漂う滝!」
俺:「それそれ」
娘:「ゲンナリだったよね」
妻:「滝自体は凄いのに」

こう、
「観光」という美名の下、滝の存在感がスポイルされている感じですね。

子:「ふむ。で、実際の金引の滝の映像は?」
俺:「これだ」

金引の滝_その1
金引の滝(落差40m)・概観】(京都府宮津市滝馬)

妻:「悪くはないわ」
娘:「キレイだとは思うよ」

金引の滝_その3
【金引の滝・右岸側から】

娘:「でもなあ……」
子:「何かもの足りない」

皆:「「だね~」」

俺:「そこでだ」
皆:「「うん」」
俺:「主役、天橋立要素が登場するのさ!」
皆:「「おお!!」」
子:「これも、『合わせ技、一本!』だったか!」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/471-4f373f29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示