03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

奈良っぽい

関西の名瀑「笹の滝」に向かう途中、
幾つか滝を観て行くことにしました。

俺:「ま、車窓から、目立った滝だけに限定して」

計画がアバウトなのは、スケジュールがキツキツな為で、仕方がありません。

大泰の滝_その1
大泰の滝(落差15m)・全景】(奈良県十津川村大字小川 『芦廼瀬川』

俺:「で、これが大泰の滝ってヤツだ」
娘:「ふ~ん」
子:「あんまり大したことないな」

いつもの写真集は、滝の最下段と、滝壺部分をアップした写真が載っています。

妻:「あれかしら。滝壺のエメラルド・グリーンがポイントとか?」
子:「そうだろうねえ」
娘:「これ、奈良っぽい色してるよね」


間。


子:「奈良っぽい…」
俺:「え~と」

それって、何を基準に「奈良っぽく」なるのでしょうか。

娘:「それはフィーリング。この独特のグリーンが、こうビビッと!」
俺:「……」
子:「お前も大概やな」

大泰の滝_その2
【大泰の滝・最上段】

俺:「それと、本流に掛かっているというのもポイントだろう」
子:「ああ、ナルホド」
妻:「水量が多いと、きっと怒涛の轟瀑になるわね」

ただ、今回の映像は、通常時の水量だと思われます。

娘:「なんでそう言い切れるの?」
俺:「見ろ。ちょうど水流と同じくらいの幅で、岩が彫り込まれているだろう」
娘:「…ホントだ」
子:「むしろ、若干少ないくらいかも知れんね」

大泰の滝_その3
【大泰の滝・下部】

大泰の滝を観瀑するには、国道425号線沿いの観瀑台を見つけたら、
そこから少し離れた、道幅の広がっているスペースに、
半ば路駐のような感じで駐車します。

俺:「存外、谷が険しくてね、車を止められる場所が限られているんだよ」
娘:「あまり人が通らない道なの?」
俺:「まあな」

でなければ、この「観瀑台だけつくって、ハイ、どうぞ」みたいな形にはならないと思われます。

子:「その言い方は無いんじゃね? だって十津川村は『滝は観光資源』って考えてると思うよ?」
妻:「でなければ、観瀑台すら無いわよ、きっと」
子:「それそれ!」
俺:「フム…」
娘:「ナルホド!」

確かに、そういう見方もありますな。

娘:「ねね、それって、やっぱり奈良っぽい




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/456-d0a5635d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示