FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

ナベの耳

双門大滝から河原小屋跡までの道程は、中々しんどいものがありました。

俺:「寧ろ、垂直ハシゴ連続の方が、なんぼか安心かも知れない」

ただ、途中で眼下に、何度も滝らしきものが見えたりして、
景色としては飽きることがありません。

双門・三蛄滝_その2
双門・三鈷滝(落差15m)・遠望】(奈良県天川村大字北角 弥山川

河原小屋跡の手前まで来ると、
対岸にお目当ての赤テープが吊るされた木を探します。

俺:「おお、あったあった。これやな」

ここが、ショートカットのためのバリエーション・ルートの入り口になります。
試しに少し登ってみると、極上のテン場がありました。

俺:「おお、結構安全そうな場所やんけ」

古く割れた酒瓶とかがあったので、
昔から使われている、知る人ぞ知る“穴場の”テン場なのかも知れません。

俺:「万一の時は、ここでビバークできるのか。使わんけど」

双門・目印_その1
【河原小屋跡下流左岸の赤テープ(下流から)】

当初、計画の段階では、弥山川左岸に合流する谷型地形を少し遡って、1543mの鞍部に抜ける予定でした。
ところが実際に来てみると、この谷型地形が想像していたよりも険しく感じられ、ヤル気がかなり萎えてしまいました。

俺:「これは、身の危険を感じさせる嫌な登りや」

そこで、以前に登られていたとされる旧登山道と同様のコースを辿ることに変更。
傾斜こそ急ですが、普通に登ってゆける斜面でした。
その斜面を登ること約20分。下草だけのテラスみたいな場所に辿り着きます。

俺:「この辺りから、トラバースが始まる筈なんだが…」

少し休憩を取って水分を補給すると、
ちょっと上がった所に、昔の登山道の名残と思われるロープの残骸を発見。
そうして途切れ途切れのロープを目印に、トラバースを続けること10分ほど。

俺:「おお。なんかアッという間じゃんか」

遂に、ナベの耳に辿り着くことができたのです。

双門バリエーション・ルート
【実際のルート(実線)と、計画ルート(破線)】

俺:「そういうワケで、河原小屋跡からナベの耳に抜けるルートが、予想を遥かに超えた安定ルートだったのだ!」
娘:「ナベの耳?」
兄:「鍋の取っ手みたいな地形があるんじゃね?」
妻:「あるの?」
子:「地図上では、判読不能だねえ」

いや、だから、ナベの耳なんかどうでもよくて、
わたくしの選択がドンピシャだったことを自慢したいんだが…

妻:「こんな感じのゆったり尾根なら、私でも歩けそうね」
子:「うん。実際に、美しい森林浴コースとして紹介されているよ」
娘:「この尾根ルートからなら、あたしでも双門の滝に行けそう?」
兄:「無理なんじゃね?」
子:「あの親父が疲弊したって言ってるし、厳しいと思うよ」
妻:「そうね。ナベの耳までで我慢しておきなさい」
娘:「だよね~」

だから、わたくしのドンピシャな判断力を……

兄:「それにしても、なんでナベの耳とか言うワケ?」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/453-7e388b92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示