FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

滝じゃねえ!

娘:「え? これちょっと酷くない?」
俺:「やっぱ、そうなるか」
娘:「観光対策にしたって、節操無さ過ぎじゃないの?」
俺:「うむむ。そこまで言いたくはないが……」

昇竜の滝@竜吟_その1
昇竜の滝(落差3m)・概観】(岐阜県瑞浪市釜戸町 『竜吟峡』

そう。
それは、昇竜の滝とは名ばかりの、なんというか急流っぽい流れ。

子:「市街地に近いと、カスにも名前が付いちゃうの法則か!」
娘:「それだ!」

いや、カスって、それどうなの?

俺:「これでもマシなほうだぞ。何故なら、これはまだ滝らしいのだ」
娘:「は?」
子:「まだ、だと?」

あんまの滝@竜吟_その1
あんま滝(落差1m)・概観】(岐阜県瑞浪市釜戸町 『竜吟峡』

娘:「うわあ……」
俺:「だろう?」
子:「ここまで開き直られると、いっそ清々しいわ」


間。


娘:「……滝じゃないよね、コレ」
子:「どう見ても滝じゃねえな」

まあ、否定はしません。

娘:「ねね、名付けの犯人って、地元の観光協会なの?」
子:「いや……。それ、ひょっとしたら、国土地理院かも知れんぞ?」
娘:「どゆこと?」

ササッとスマホで「ウォッちず」を検索していた次男君。

子:「ほら、見てみ?」

国土地理院地図より竜吟峡
【国土地理院地図上・竜吟峡】

娘:「ホントだ。全部に立派な滝マークが付いてるじゃん」
子:「むしろ、地元は胸張って『滝だ!』とか言ってるんじゃね?」
娘:「お上のお墨付きだから?」
子:「フハハハ!」

う~む。どういう基準で滝認定されたのでしょうか、これは。

娘:「地元の人が国土地理院に勤めてた……とか?」
俺:「……」
子:「ま、いずれにしても、僕らの感覚からは程遠いや」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/446-e6c2b835
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示