03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

おめこぼし?

「家族連れにはもってこいの滝だ」と聞いて、
ちょっと寄ってみたくなってしまった、岐阜県の『竜吟峡』

俺:「ま、革靴しかないからなあ」

仕事の帰り道、高速を途中で降りて、フラッと訪瀑してみたのでした。

梵天の滝@竜吟_その1
梵天の滝(落差3m)・遠景】(岐阜県瑞浪市釜戸町 『竜吟峡』

俺:「で、これが、一番上流の滝なんだけどよ」
子:「う~む、なんだこれは……」
娘:「ショボいね」

そうなのです。
滝と呼ぶには、あまりに悲しい感じ。

娘:「アルプスの沢とかだったら、絶対、名前なんか付かないレベルだよね」
子:「ああ。どう見ても観光対策だろ」

敢えて言うなら、滝壺がデーンと広がっているが故に、仕方なく滝と認定できると言ったところでしょうか。

娘:「完全におめこぼし
子:「まったく。どこら辺が梵天なのだろう」

梵天の滝@竜吟_その2
【梵天の滝・最下段アップ】

娘:「しかも、水、濁ってるし」
俺:「上流に逆川防災ダムってのがあって、竜吟湖が広がっているからな」
子:「それって、プランクトンの大養殖場」
娘:「うわあ、一番ダメなパターンじゃん」


……。


娘:「臭いは?」
俺:「無かったな」
子:「そこまでは酷くないのか?」
俺:「まあな」

むしろ、ここでのハイライトは、滝や水流には無くて、
森林浴というか、「自然に癒される」ハイキング道の方が、竜吟峡全体の印象を正確に表していると思います。

俺:「つまり、滝は脇役なワケだ」
子:「オマケか」
娘:「だからって、水が濁ってて良いワケないと思うけど……」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/442-0de9fffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示