03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

猛烈感動

崩落によってほぼ一段滝となってしまった大山滝に、いささか失望してしまっていたわたくし。

俺:「ふおおお。これ、めちゃくちゃ良滝やんけ!」

観瀑台から眺める鱒返しの滝の予想以上の美しさに、猛烈感動!

俺:「もう百選滝、こちらに差し替えでいいと思う!」

鱒返しの滝_その1
鱒返しの滝(落差47m)・本瀑】(鳥取県琴浦町山川 『一枚岩渓谷』

この鱒返しの滝は、本瀑の上流に3mの小滝、
本瀑のすぐ下流に二段の小滝と、下の滝13mを従えています。

俺:「落差47mってのは本瀑だけの落差やな」
子:「つまり、全部で70m位になるワケか!」
俺:「せや」
妻:「結構デカイわね」
娘:「じゃあ、鱒返しの滝、ホントは大山滝の倍近くあるんだね」

大山滝鱒返しの滝との決定的な違いは、
あちらがズドーンと直瀑で来るのに対し、
こちらは中ほどでフワッとふくらむ分岐瀑っぽい感じなのです。

子:「昔の直瀑二連発な大山滝なら、確かに強烈なインパクトだっただろ」
娘:「鱒返しの滝は優しい感じだよね」
妻:「その印象の差が、百選の分かれ目だったんじゃない?」

崩落前の大山滝が落差43m。
鱒返しの滝本瀑が落差47m。

俺:「だよな。見かけの落差がほぼ同じなら、ま、迫力のある方を選ぶだろ」
娘:「でも今の大山滝、魅力も迫力も半減してるじゃん」
俺:「それや」
子:「だからだろ。親父が、百選鱒返しの滝に差し替えろって吠えてるのは」
俺:「あ…いや…」

別に吠えてはいないです。

鱒返しの滝_その2
【鱒返しの滝・本瀑落口】

観瀑当日は、とにかくセミの鳴き声で滝の音がかき消されてしまうくらいの感じでした。

子:「まさに夏真っ盛り」

観瀑台のテラスは振動に弱く、撮影中、わたくしがちょこっと姿勢を変えるだけで、画像がブレブレになってしまいます。

俺:「かと言って、他に撮影できるスポットは無かったし」

観瀑台から滝まで割と距離があったので、ちょっとした揺れでも、ダイレクトに映像に出てしまうのです。

子:「これだけセミの声が入っていると、滝なのに、暑苦しく感じられるねえ」
娘:「言えてる」
妻:「まるでセミのせいで、映像がブレてるみたいじゃない?」


間。


子&娘:「「ホントだ!!」」

鱒返しの滝_その3
【鱒返しの滝・本瀑滝壺】

俺:「そして下の滝13mは、なんと裏見ができるらしいのだ」
子:「おお!」
俺:「時間が足りなくて行かなかったけど」
子:「おお……」
娘:「最近、いつもじゃん」
俺:「すまない」

でも、この鱒返しの滝
上流の一枚岩渓谷とか、下流のゴルジュ裏見の滝とかがあって、
PR次第では、大山滝より、遥かに魅力的になると思います。

俺:「だから鱒返しの滝こそ、今、伯耆大山山系のナンバー・ワン滝なのだ!」
子:「ま、そうだろうねえ」
妻:「下剋上っぽいわね」
娘:「あれだよ、お父さんが猛烈感動したってのは、伝わってきたから!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/429-4b0fa4f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示