06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

思惑外れ

大山滝を訪瀑するにあたっては、当然、ご近所の滝にも行くことになります。

娘:「一滝だけなんて、そんな勿体ないこと、ダメに決まってるでしょ」

ただ、仕事の都合上で、観瀑時間がトータル6時間ほどしかありません。
そこで、行く前に家族と相談したのですが……

子:「野田滝大休滝は、沢登り必須で時間が掛かり過ぎる」
娘:「うん」
子:「ネットでもよく写真が出てるし、今回はパスだろ」

国土地理院地図を指さす次男君たち。

娘:「じゃ、この鮎返りの滝ってのは?」
子:「観瀑できれば、それに越したことはないんだけど…」
娘:「けど?」
妻:「つまり、雑魚滝なの?」
子:「う~ん」

ささっとネットサーフィンで該当記事を引っ張ってくる次男君。

子:「これ! 鮎返りの滝って、すぐ上が堰堤なんだよ」
娘:「あらら~残念」
妻:「なるほどね」
子:「だから、地獄谷で観瀑すべきは、大山滝不動滝で決定だ!」

全部、次男君主導で決まってしまいました。

不動滝@大山_その1
不動滝(落差12m)・中段付近】(鳥取県琴浦町野井倉 『地獄谷』

で、帰宅後、早速、皆に映像を見てもらったワケですが…

娘:「滝……どこが?」
子:「水量が無いねえ」
妻:「残念過ぎるわね」

こう、皆の期待を裏切ってしまったようです。

娘:「大山滝並みに期待したあたしがバカだった」

しかも、登山道からはこの程度が精一杯で、
全景を見るなら、ロープで地獄谷の底へ降りないとダメらしい。

俺:「ちなみに、落口はコチラだ」

不動滝@大山_その2
【不動滝・落口】

子:「これだけ見ると、一応、スパッと落ちていくようには見える」
娘:「案外、立派な滝なのかも……」
俺:「う~む」
妻:「でも、苔だらけよ」
子:「普段から水流の無いことが証明されてるよな」
娘:「大雨限定の滝?」
子:「どうも、それっぽいわ」

あれですね、
30mロープでも持って行って、本格的に行けばよかったですかね。

子:「うん、そこまでの価値はない!」
娘:「……」
俺:「……」
妻:「あの、あなたが勧めた滝なのよ?」
子:「あ……」

次男君に集まる家族の視線。

子:「すみませんでしたぁぁぁ!」




人気ブログランキングへ
そこまで謝る必要はないぞ?
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/428-8862b8ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示