FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

議論白熱

俺:「屏風ヶ滝は、8mの二段滝と、7mのチョック・ストーン滝で構成される」
娘:「ふむふむ」
子:「トータルの落差が15mになるね」
俺:「そうや」

俺:「本命の貴船の滝は、4m前衛滝と25m本瀑だ」
娘:「じゃあ、総落差29mだね」
俺:「ところが、それが30mあるんだよ」
娘:「なんで? 計算が合わないじゃん!」
俺:「まあ、この映像を見てくれ」

貴船の滝_その1
貴船の滝(落差30m)・概観】(滋賀県高島市黒谷 『八池谷』

子:「この手前に写ってる小滝が、落差1mってワケ?」
俺:「そうや」

兄:「いやでもコレ、前衛滝じゃないだろ」
妻:「明らかに落差4m無いじゃない」
俺:「その通り。貴船の滝本瀑前衛滝の間にあるこの小滝こそ、プラス1mの原因やな」
兄:「そういうことかい」

娘:「ねね、お父さん、アップにしてみて」
俺:「あいよ」

貴船の滝_その2
【貴船の滝・手前の小滝】

娘:「まあまあの淵があるね」
子:「八ツ淵の精神に則れば、この小滝にも名前があってしかるべきなのか?」
俺:「だけど、この部分だけの名前は無いんだな」
妻:「流石にこれじゃ、滝とは言えないからでしょう」
兄:「まあ、ただの小淵だし」

娘:「そうか!」

俺:「なんだ?」
娘:「八ツ淵の精神だからこそ、この小滝を貴船の滝に含めるんだよ」
俺:「お…」
兄:「お前の言ってることが理解できね~」

子:「そもそもこの小滝、貴船の滝本瀑と離れ過ぎっていうか……」
妻:「確かに、距離があるわね」
子:「貴船の滝とするには、なんか釈然としないんだなあ」

屏風ヶ滝・落口@八ツ淵
【貴船の滝・前衛滝の落口と、屏風ヶ滝の落口】

兄:「うわ、こちらはむっちゃ繋がってるわ!」
娘:「すぐに屏風ヶ滝だ」
子:「コレ見ろよ。むしろ屏風ヶ滝に含めるべきじゃね?」

妻:「どういう基準で、貴船の滝屏風ヶ滝を分けたのかしら」
俺:「まあ俺的には、貴船の滝屏風ヶ滝とは、連瀑で一つの滝と考えてもいいと思うんだけどね」
兄:「更にこんがらがること言うな」
娘:「だって連瀑じゃ、八ツ淵の精神から外れちゃうでしょ」
俺:「そうなんだよな」

娘:「ねね、あたし思いついた!」

俺:「なにを?」
娘:「この際、1m小滝にも、4m前衛滝にも、名前を付けてあげたらどう?」
兄:「いや、いらね~」

子:「僕、わかった!」

妻:「なに?」
子:「この程度の小淵じゃ、八ツ淵の名に相応しくないんだよ!」
娘:「もっと立派な淵じゃないとダメって?」
子:「そう!」
妻:「もっと立派って……」


間。


兄:「あああ、話が面倒臭くなってきたんで、まとめる」

・連瀑説 → 総落差45mの大滝
・小滝と前衛滝を貴船の滝に含める説 → 貴船の滝30m、屏風ヶ滝15m
・小滝と前衛滝を屏風ヶ滝に含める説 → 屏風ヶ滝20m、貴船の滝25m


兄:「こういうことじゃね?」
子:「ナルホドねえ」
娘:「でも結局、トータルの落差は同じなワケでしょ」
兄:「あたりまえ」
娘:「だよね~」

娘:「ねね、あたし、どうでもよくなってきちゃったんだけど……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/424-26aabf13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示