FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

名の由来

俺:「そもそも大擂鉢って、すぐ上に小擂鉢がある」
娘:「フム」
俺:「もう、完全な連瀑で、一つの滝としてカウントしていいと思うんだ」
妻:「でも、実際はそうじゃないわよね」
俺:「そう。つまりだ…」
子:「そういうことか!」

突然の大声に、
みんなの視線が、一斉に次男君へ集まります。

娘:「え?え? どゆこと?」
子:「八ツ淵名の由来が、ここにあった!」
娘:「だからどこに?」
子:「滝壺毎に、滝が分かれているんだ!」
娘:「え~と、それで?」
子:「滝の流身でなく、滝壺でもって、滝を認定してるんだよ!」

小擂鉢_その3
小擂鉢(落差5m)・下部滝壺】(滋賀県高島市黒谷 『八池谷』

つまり、余所だったら一つの滝でカウントするところを、
ここ八ツ淵の滝では、立派な滝壺ごとに滝を分けてカウントしているのではないか、ということですね。

娘:「あ~ナルホド」
子:「な! そうやって考えると、スゲー納得できるだろ?」
妻:「滋賀県って、滝壺に美を感じる文化なのかしら」
俺:「不思議だよな」
子:「まさか、こんな滝の見方があるなんて、ちょっと衝撃だゼ」

この小擂鉢の上流にも、屏風ヶ滝貴船の滝が連瀑でかかっていますが、しっかり別滝に分けられています。

子:「そうやって考えると、唐戸の滝って特異だわ」
俺:「そうだよなあ」
娘:「ゴルジュの中が見えないから」
子:「それな!」
妻:「本来なら、更に七滝くらいに分けるんでしょうけど」
娘:「唐戸の七滝とかね」
子:「おお、結構いけるんじゃね?」

小擂鉢_その2
【小擂鉢・滝壺】

子:「ウム、これは小擂鉢だ」
娘:「小擂鉢だね」
妻:「深いグリーンなのね」

まあ、ちょっと陰っていたので、
陽が射せば、もっときらめく感じのエメラルド色になると思われます。

子:「あれだ」
俺:「なんだ?」
子:「親父の言う通り、グリーンの釜こそが、八ツ淵の滝の主役なんだねえ」
俺:「そうなのよ」
妻:「つまり、大擂鉢の滝壷だけが主役じゃないってワケね」

小擂鉢_その1
【小擂鉢・流身アップ】

子:「だから八ツ淵
妻:「名の由来
俺:「そうやな」
娘:「これって、滋賀県の人が、滝壺を愛でるおかげだよね?」
俺:「は? いや、まあ、そういう人が多いんだろうけど」
娘:「なに?」
俺:「そこまで言い切っちゃうと、どうだろう……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/422-a42614ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示