04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

滝壺こそ

娘:「つまり、八ツ淵の滝ってのは、八つの滝と滝壷ってことだよね?」
俺:「それが、現地の看板を見ると、そういうことでもないらしいのだ」

ルート入口にかかる案内看板には、

1.魚止の淵
2.障子ヶ淵
3.唐戸の淵

4.大擂鉢
5.小摺鉢
6.屏風ヶ淵
7・貴船の淵
8.七遍返し淵

とあって、滝本体ではなく、滝壷に主眼を置いたような「淵」とか「鉢」という命名になっていました。

子:「つまり、滝はどうでもよいと?」
俺:「余りにも美しい滝壺のために、滝は、主役の座を得られなかった」
娘:「ホント?」
俺:「…のかも知れない」
子:「……」
妻:「当然、滝壺は、輝くばかりのエメラルド・グリーンなワケね?」
俺:「それはその通り!」

大擂鉢_その1
大擂鉢(落差7m)・概観】(滋賀県高島市黒谷 『八池谷』

俺:「見よ、これが一番人気の大擂鉢だ」


間。


俺:「美しかろう?」
娘:「う~ん」
俺:「釜の美しさは、ここが一番だな」
子:「ウ~ム」
俺:「滝はなんてことない斜瀑だが、滝壺が、エメラルド・グリーンの巨大なお椀状だろう」
妻:「そうね」
俺:「これこそが、やらやらの由来となっていると、俺は思うんだ」

大擂鉢_その2
【大擂鉢・滝壺アップ】

子:「つまり、大擂鉢滝壺こそ八ツ淵の滝を象徴していると?」
俺:「え? あ、いや、まあ、それは……どうだろう」


間。


俺:「どう思う?」
娘:「あたしに聞かないでよ!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/421-f679ee43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示