FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

無名な訳

唐戸の滝ゴルジュを高巻くと大擂鉢に出ますが、
その手前、大擂鉢の下流左岸より流入する支流『ワサビ谷』に、
結構規模の大きな滝がかかっています。

俺:「もっとも、多段な上に全景が見えないのだが」
妻:「あら」
俺:「しかも、下りの登山道沿いなので、八ツ淵の滝として認識されない」
娘:「ありゃりゃ悲惨」
子:「悲惨て……悲惨だな」

無名出合@八ツ淵_その1
ワサビ谷出合無名滝(落差13m)・下部概観】(滋賀県高島市黒谷 『八池谷』

子:「で、コレ、ホントに落差13mもあんのか?」
俺:「ある。たぶん」
娘:「なに、ハッキリしないじゃん」

一応、わたくしの見立てでは、
下部には、映像の通り、下から2m滝、3m滝の二滝が連なっていて、
少し離れた上部には、下から5m滝と3m滝が連なっています。

妻:「細かな滝が続いている感じなの?」
俺:「そう。だから、下りの登山道からだと、小滝が続くように見えちゃう」
子:「そういうことか」
娘:「でも、四段の段瀑なの~」
俺:「ウム」

滝好きとしては、ここは、ぜひとも四段の段瀑として認定したいところ。

無名出合@八ツ淵_その2
【ワサビ谷出合無名滝・上部概観】

妻:「上部の方が滝らしいわね」
娘:「桶状に切り刻まれてるし」
俺:「下部はチョックストーン滝っぽいからなあ」
娘:「それだとやっぱし、別の滝に見えちゃうね」
子:「下部も同じく桶状だったら、ちゃんと八ツ淵の滝認定が出てたかもねえ」
俺:「そうか?」
子:「そしたら、見るからに一つの滝が続いてるって分かるだろ」
娘&妻:「「ああ」」
子:「こう、ワサビ谷にかかる高瀑って感じで」
娘:「それ、わかる!」

確かに。
次男君の仮説、存外、本質を突いているのかも知れません。

無名出合@八ツ淵_その3
【ワサビ谷出合無名滝・下部・登山道より】

俺:「でもまあ、登山道から下部を見下ろすと、こんな感じだから」


間。


子:「アカンね」
娘:「ダメだね」
妻:「無名な訳ね」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 1
go page top

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| #
2016/07/24 19:50 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/420-69c0ac69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示