FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

甘かった!

【アーカイブ 「10月・日光の滝リサーチ」・その5】

事前情報によると、
「あまりの美しさのため、『霧降の滝』にはひっきりなしに人が訪れるので、ゆっくり写真撮影なんかできませんよ~」

ふふふ。そんな話を聞いてしまうと、ムクムクと頭をもたげてくる反骨精神。

だったら、日の出前に行ってやろうじゃないか!
と、いつものパターンで、薄暗がりの霧降高原の駐車場に到着したのですが…

甘かった!


こんな弱光で、ちゃんと観えているのだろうか? とは思うのですが…。
しかし!
現実に目の前にいるのは、シルバー世代の観光ツアーの皆様

恐るべし。


観瀑展望台では、当然のようにシルバー世代の皆様が日の出待ち。
ただ、結構寒く、シルバーの皆様に長居はキツイし、無理せず撤収するだろうと思われたので、しばらく、展望台が空くのを待つことにしました。


霧降の滝(落差80m)・全景】  (栃木県日光市瀬尾 『霧降渓谷』

30分ほどして、わたくしも、ようやくベスト・ポジションへ。

爺1:「お兄ちゃん、写真撮っとるんか?」
俺:「いや、まあ、そうですが…」

う~ん。今、動画撮影中なので、しゃべり掛けないで欲しいのですが…

婆:「あんた、この人、今ビデオ撮りゆうが。そんなしゃべったらあかんき」

お婆ちゃん、ありがとう。でも、その声もバッチリ録音されてます。

爺1:「お、そうなが。わしも、もう器械の類はわからんで。すまん」
爺2:「今時の若いもんには、敵わんろう、ホラ」
婆:「しゃべったら迷惑や、言うちゅうろう」
爺3:「まあ、ほんな細かいこと言うなや。皆でワイワイやるのがえいんじゃ。なあ?」

そうですよね、と返事するしかないわたくし。


【霧降の滝・上段部】


ひとしきりしゃべった後で「お兄ちゃん、頑張ってな」と、シルバーの皆様が去って行かれると…

すぐに、次のツアー団体様がお越しに。

いや、本当に、早朝からひっきりなしでした。


【霧降の滝・下段部】


子:「お父さん。このおしゃべり、邪魔だよ」

DVDに向かって文句を言う次男君。

娘:「かけあい漫才みたい」
俺:「しかたねえの。人気の滝なんだから」
子:「ふーん。ボク、写真で観るだけでいいや」

人工臭を嫌う次男君。どうも、霧降の滝は、彼のお気に召さなかったようです。
観光滝のジレンマ
ですな。

俺:「ん? それにしては、華厳の滝はOKだよな。なんで?」
子:「スゲーし、落差はあるし、あたりまえじゃん」
俺:「ああ…」


聞くだけヤボでした。



人気ブログランキングへ
方言の聴き取りが正確か不安です…
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/42-4081dfe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示