06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

あれえ?

以前、晩春に訪れたものの、雪に阻まれて観瀑することができなかった
滋賀県きっての名瀑「八ツ淵の滝」

娘:「楊梅の滝に行ったときのことだね」
俺:「アタリ!」
妻:「ああ、小鹿の腐乱死体があった…」
子:「それそれ。あれは強烈だったねえ」

当時は家族連れだったため、
八ツ淵の滝は、難易度の低い主瀑布だけ観て帰ってくるつもりでした。

俺:「しかし今回は、俺一人だったからな」
娘:「うん」
俺:「全ての滝を観瀑すべく、チャレンジしてきたわ」
兄:「おう。で、結果は?」
俺:「まずは見よ!」

魚止の滝@八ツ淵_その1
魚止の滝(落差6m)・全景】(滋賀県高島市黒谷 『八池谷』

子:「あれっ?」
妻:「どうしたの?」
子:「あ、いや。アレレ?」
兄:「う~んこの…」
娘:「思ったより小っさ」
俺:「ま、八つの滝で一つだしな」
子:「あれえ?」
娘:「さっきからアレアレうるさいんだけど!」

手元の滝写真集と、わたくしの撮影して来た映像とを
マジマジと見比べている次男君。

子:「滝の形が変わってない? コレ」
娘:「どれどれ」

そして、次男君の後ろから、写真集をのぞき込む家族たち。

兄:「…水量が多いだけじゃね?」
妻:「確かに、これだけじゃ判断できないわね」
娘:「ねね、お父さん、どうなの?」
俺:「次を見よ!」

魚止の滝@八ツ淵_その2
【魚止の滝・登山道から】

娘:「荒れてる……」
妻:「最近、水害があったんだっけ?」
兄:「つうか、関西って、毎年水害来てね?」
子:「ああ、紀伊半島で川が氾濫してたニュースを、何度か見た覚えがある」
兄:「それな!」
娘:「去年だっけ?」
子:「どうだっけ?」

確かに、関西では、近年の打ち続く水害で滝の形が変わった等のニュースが、幾つも流れていました。

俺:「例えば、那智の滝な」
みんな:「「えっ?」」
俺:「土石流で、しばらく滝壺が埋まっていたらしい」
娘:「うわあ」
妻:「知らなかった……」

俺:「例えば、文覚の滝な」
子:「那智の四十八滝だね」
俺:「豪雨で崩壊し、消えてしまったらしい」
みんな:「「えっ!」」

そんな中、ここ魚止の滝にも、何らかの変化があっても、おかしくはないでしょう。

妻:「むしろ、『あれえ?』って程度の小さな変化なんだから、幸運なんでしょう」
娘:「そうだね」
兄:「いやいや、コレ、何も変わってないだろ」
娘:「変わってるじゃん」
子:「うわあ、兄貴の目が節穴」
兄:「そういうお前らこそ、色眼鏡を外せな!」




人気ブログランキングへ
こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/417-22ee09fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示