FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

今回の収穫

もう6年近くも前のこと。

称名滝を観瀑したあと平湯大滝に向かう途中で、
国道41号線上の新猪谷ダム対岸、スノーシェッドの向こう側に、チラッと滝が見えた記憶があります。

子:「僕らの滝見道が駆け出しの頃だ」
妻:「懐かしいわね」

わたくし、ずっと無名滝と思っていたのですが、
先般、次男君が「諏訪の滝」という立派な名前が付いている事を発見。

子:「僕の手柄!」
娘:「ネットサーフィンで?」
子:「そうで~す」
妻:「あなた、最近やり過ぎだから」
子:「そうで~す」


沈黙。


そういうワケで、今回の遠征で「諏訪の滝」を訪瀑してきました。

諏訪の滝_その1
諏訪の滝(落差30m)・遠景】(岐阜県飛騨市神岡町西茂住 『高原川』

俺:「諏訪の滝は、真正面から見ようと思うと、国道のスノーシェッドに隠れてしまうんだ」

なので、スノーシェッドの富山県側手前にある小さなスペースに車を止めます。
そこから国道を渡り、スノーシェッドの外、川側に設置された、観光道の様でもあり作業道の様でもある遊歩路に入ります。
そうしてトータルで5分も歩かないうちに、諏訪の滝の対岸正面に到着。

子:「この時期は、やっぱり全景が見えなくなるねえ」
娘:「全景って見れるの?」
妻:「たぶん冬に」
子:「そう。ネットだと、ホント冬季の写真ばかりだからねえ」

滝は、上段部の直瀑下段部の斜瀑の二部構成になっていて、
残念ながら今の時期は、直瀑の上部しか見ることができないようです。

諏訪の滝_その2
【諏訪の滝・落口アップ】

妻:「ダム湖の向こう側だと、どうしても遠望になるわね」
娘:「もっと近づけなかったの?」
俺:「う~ん、どうだろう……」

ダム湖の対岸には送電線が走っており、その送電線に沿うように杣道が付いているのが見えるので、近づくこと自体は不可能ではないと思います。

俺:「ただまあ、ダムの下流側から、直線距離にして1km以上は歩かにゃならんだろうなあ」
子:「杣道を1kmって、結構きつくね?」
俺:「そうなのよ」
娘:「ちょっと待って。杣道ってなんだっけ?
子&俺:「「……」」

そま‐みち【杣道】
杣人 (そまびと) しか通らないような、細くて険しい山道。


俺:「ちなみに杣人ってのは、いわゆる林業とかしてる山男達のことだな」
娘:「ふ~ん」
妻:「この、細くて険しいってのがポイントでしょ」
俺:「だから、俺の脚なら、片道2時間は見ておかなきゃダメだろう」

地元民ならいざ知らず、遠方からの旅行者が、この滝を観るためだけに4時間以上を費やすのは、かなり厳しいと思われます。

俺:「そこまで行けば、黒帯の滝上級者。いわゆる変人だ」
娘:「お父さんは違うの?」
俺:「コストパフォーマンスがボトルネックとなって、上級者になれない」
妻:「……」
子:「こればかりは仕方ないねえ」
娘:「なんか安心した~」

諏訪の滝_その3
【諏訪の滝・上段主部アップ】

動画だと、次々と国道を走り抜けてゆく車の爆音で、あまり滝を楽しめません。

娘:「国道だし」
子:「高山地方の大動脈だし、車がいない方が問題だろ」
妻:「立地が不運だったわね」
俺:「まあ、あれだ」

ちょっとした事ではありますが、
次男君のお陰で“六年越しの宿題が解けた”ような、
そんな爽快感が今回の収穫でした。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/412-6456cc1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示