FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

存在の理由

ところで、「禿(かぶろ)の滝」の右岸上方には、林道が拓かれています。

俺:「ホントに、滝のすぐ右岸崖上を走ってるんだ」
娘:「すぐって?」
俺:「直線距離にして、わずか30mあまり」
兄:「マジ、すぐやん」

地図上で確認すると、これが驚きの近さ。
文字通り、隣接していると言ってよいでしょう。

俺:「そして、この猿間洞(えんまぼら)沢には、万古渓唯一の堰堤があると言ったな」
娘:「うん」
俺:「堰堤が造られた原因は、この林道だと思われるんだ」
子:「おう、やっぱりか……」
娘:「は? どゆこと? あたし、わかんないんだけど」
俺:「この映像を見て欲しい」

無名滑滝@猿間洞沢_その1
猿間洞沢右岸の無名滑滝(目測落差55m)・概観】
(長野県飯田市千代・万古渓谷 『猿間洞沢』

こちらは、禿の滝から5分ほど下流の、猿間洞沢の右岸にかかる無名滑滝

俺:「この滝の上に、問題の林道があります」
妻:「なかなかの規模の滑滝だけど」
俺:「おう、目測落差は55mや」
兄:「水が無いし」
子:「でもまあ、この際、水量は問題じゃないよね」
娘:「この砂礫の山が問題?」
子:「そう! 映像だと、滝壺を埋め尽くしているけどさ」
娘:「うん」
子:「林道が無かったら、本来は、落ちてくるハズの無い砂礫なんだよ」


間。


兄:「ああ」
娘:「なるほど」
妻:「そういうワケね」

堰堤@猿間洞沢_その1
猿間洞沢・堰堤を上部から】

林道が拓かれると、その下流側にある谷が荒れるのは、よくある話です。

俺:「猿間洞沢の場合、この滑滝が、林道からの崩落土砂を集めちゃっている感じなんだ」

この滑滝以外に荒れてる場所はありませんでしたし、
むしろ、唯一の土砂崩落箇所と言ってよいでしょう。

俺:「まさに、一点集中で崩落中」

言ってみれば、富士山大沢崩れのようなものでしょうか。

俺:「ゆえに、下流側に、この巨大堰堤が造られたワケだ」
娘:「そゆこと」
子:「もう、堰堤の荒れ具合が、まさしくね」
妻:「でも、このお陰で、万古渓谷本流の渓相が守られてるんでしょう?」

ま、そういうことになりますか。

兄:「では、こちらの堰堤様が、万古の守護神であらせられた、と」
娘:「アホでしょ! 美しい景観の破壊神でしょ!」
子:「まてまて! そもそも『堰堤が神』って、そこからおかしいから!」

カブロ下段落口上流_その1
【禿の滝・下段落口の上流部】

禿の滝から猿間洞沢の上を林道が横切る地点までは、
遡行時間にして、わずか20分あまりでした。
下流から遡行するより、遥かにお手軽。

俺:「って言うか、最初から林道から下降すべきだったね」
子:「その心は?」
俺:「たぶん、ロープ無しでも行けちゃう」
子:「ああ……」
娘:「でもお父さん、プチ沢登りがしたかったんでしょ?」
俺:「それは、まあ……」
娘:「じゃあ、いいじゃない」

こうして、「禿の滝」全貌解明の旅が終了しました。
残された万古渓谷秘瀑は、あと「コウボウの滝」のみ。

子:「行く時間あんの?」
俺:「……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/410-2864cc68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示