FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

おかっぱ頭

支流から見ると、無名滝の右岸下流に合流してくる本流。
そこにかかるのが、この「禿の滝・上段(本瀑)」です。

俺:「まさに無名滝の撮影が終わって、上段にカメラを向けた瞬間やった」

そこに、サァーっと陽が差し込んで来ました。

カブロの滝_その1
禿の滝・上段・本瀑(落差11m)・概観】
(長野県飯田市千代・万古渓谷 『猿間洞沢』

子:「おお!」
娘:「う~ん、新緑がキレイ~」
妻:「ナイス・タイミング!」
兄:「鬱蒼とした下段と、正反対やんけ」
子:「そして瀑布の頭が、ちゃんとおかっぱ頭なってるし!」
娘:「これが本瀑で決定!

しかも、禿の滝は長い“歴史”を経ているらしく、
それが証拠に、あちこちに磨きこまれた旧流路を発見できます。

子:「南信州に雪なんて積もらないし、水だけで磨きこまれてるな」
妻:「だから、流れが複雑になってるのかも」
兄:「少なくとも万単位の年月」
娘:「歴史のロマン~」

そうして始まる、我が家の滝分析

娘:「ねね、大きく分けて、三段の段瀑っぽい?」
兄:「どうだろ、下二段と最上段の規模が違い過ぎるし、それはナイんじゃね?」
妻:「まあ、離れてるみたいだし」
子:「それ。おかっぱ頭の部分だけで、下二段の3~4倍はあると見るぜ」
娘:「落口が遠目だから? ホントはもっとデカイ?」
俺:「せやな」

兄:「それにつけても、このおかっぱ頭のインパクト!」
娘:「まんまだよね」
子:「明らかに、滝の名前の由来だねえ」

そうそう、
落差は、いつもの如く高度計11mに対し、目測6mでした。

カブロの滝_その2
【禿の滝・上段落口】

子:「ウム、右岸の溝部が、昔の落口」
妻:「ツルツルに磨きこまれちゃって…」
子:「侵食の様子がアリアリと分かるねえ」
娘:「ねね、“柔らかい花崗岩”

おお!
確かにこんな感じ、柿其渓谷牛ヶ滝で見たことがありますな。

兄:「で、見ればみるほど、このおかっぱ!」
子:「ホント、おかっぱ頭
娘:「ねね、別角度の映像はないの?」
俺:「ホレ!」

カブロの滝_その3
【禿の滝・上段上部】

娘:「崩れた……」
兄:「これは、最早おかっぱでは無い」
子:「だらけたな……」

真正面が、おかっぱ頭のハイライトでした




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/409-a5136f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示