FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

インスピレーション

秘境「万古渓谷」の中の、秘瀑中の秘瀑でありながら、
殆ど取り上げられることの無い「禿の滝」(かぶろのたき)

その理由の一つが、
禿の滝がかかる猿間洞沢(えんまぼらさわ)にあると思われます。

俺:「沢の途中に、デッカイ堰堤があるんだわ」
子:「マジで?」
俺:「マジで!」
子:「マジでか……」
俺:「思うに、万古渓谷唯一にして最大の堰堤ではないだろうか」

万古渓谷本流が、沢登りやイワナ釣りで名を馳せているのは、
堰堤などが全く存在しない、自然のままの美しい渓相があるからでしょう。

俺:「それで期待を込めて猿間洞沢に入ると、突然ドカーンと堰堤
子:「まるで詐欺だろ」
俺:「そうなんだよ、分かってくれるか」

それでも、めげずに沢を登ってゆくと、
件の禿の滝・下段に行き着くワケです。

兄:「それが3m程度のカス滝だった……うん、心が折れるな」
娘:「ヤダ~」
俺:「でも聞いて欲しい。禿の滝・下段は、ホントに下段だったのだ」
娘:「それってつまり…」
子:「禿の滝は、やっぱり複合大瀑布だった?」
俺:「見よ!」

禿・無名滝_その1
禿の滝・支流無名滝(落差3m)・概観】
(長野県飯田市千代・万古渓谷 『猿間洞沢』


沈黙。


娘:「……」
妻:「また微妙な……」
俺:「ハハハ。落差は高度計だと3m。目測だと2mだ!」
兄:「いや、だから、なんだよコレ」
子:「美しい直瀑なのに、嬉しくないわ」
俺:「まあ、聞いてくれ」

禿の滝・下段の滝壺から5mほど高度を上げると、
流路的には本流の如く真直ぐなんだけど、水量的には明らかに支流な無名沢と、
流路的にはそこに横入りしてくる、水量たっぷりな本流が出会っています。

俺:「その出会いにかかる、支流の無名滝なのだよ」
子:「地図には、支流の水線が無いね」
俺:「そう。なのに本格的に切り立ってて、滝の奥に続くゴルジュが凄いんだ」
娘:「ゴルジュに入ったの?」
俺:「まさか」
娘:「なのに、凄いって分かったの?」
俺:「ああ。いわゆるインスピレーションってやつだな」

禿・無名滝_その2
【禿の滝・支流無名滝・落口】

子:「おお、ゴルジュ……」
兄:「なるほど。これはインスピレーションが湧くかも知れん」
妻:「なかなかの迫力ね」
娘:「ねね、全景写真より落口の写真の方が凄いって、どゆこと?」
子:「それはまあ、その…なんだろ」

ズバリ、滝の神秘でしょう。




人気ブログランキングへ
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/408-471d9960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示