FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

何かが違う

昨年来、ずっと気になっていた万古渓谷の秘瀑「禿(カブロ)の滝」

兄:「へえ。カブロって、禿(ハゲ)って字を当てるんか」
俺:「その昔、小さな女の子のおかっぱ頭を、そう呼んでいたらしいわ」
子:「おかっぱ頭……?」
娘:「ほら、千と千尋の神隠しに出て来るハクみたいな髪型だよ」
子:「ああ、アレか!」

カブロの滝_下段その1
禿の滝・下段(落差5m)・全景】(長野県飯田市千代・万古渓谷 『猿間洞沢』

前回、万古渓谷を遡行した際に地元の古老の方から頂戴した遡行図によると、
禿の滝、位置的にはこちらの映像の滝になるハズなのです。

俺:「ところがこの滝、落差が4mに満たないのだよ」


間。


娘:「つまり、どゆこと?」
妻:「う~ん。あなた、映像に、自分で『落差5m』って出してるわよ?」
俺:「コレ、簡易高度計によれば、なんだ」
子:「ははあ。また高度計がサバを読んだのか」
俺:「そうらしい」
娘:「じゃあ、実際の感じはどれくらいだったの?」

滝壺に立ったわたくしが手を伸ばして、あと1mくらいで届く高さ、と言えばよいでしょうか。

兄:「あ~、なら3mが妥当」
妻:「そうね」
子:「目測じゃなくて、自分の背丈を基準にしたらってこと?」
俺:「まあな」
子:「そうすると…そうなるのか……」
娘:「もうこれ、簡易な高度計なんか止めて、ちゃんとした高度計買うべき!」
俺:「む」
妻:「それ、あなたがお父さんにプレゼントしてあげてね~」
娘:「それはヤダ~」

まあ、そんなワケで、
この滝、古老から聞いていた禿の滝のイメージからは程遠く……。

俺:「それに普通、3m程度にしか見えない小滝に名前なんて付けないだろ?」
子:「当たり前だ」

結局、わたくし、この滝が禿の滝の一部ではないかと推測。
さらに上流へと、猿間洞沢を遡ってみることにしたのでした。

カブロの滝_下段その2
【禿の滝・下段・滝壺】

娘:「滝姿だって、おかっぱ頭と全然関係ないし」
妻:「明らかに違ってるでしょう」
兄:「せやな」
子:「よし。親父、もったいぶらないで、早く種明かししようぜ!」




人気ブログランキングへ
次回へつづく!
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/407-bde927b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示