FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

その時…

目的の「熊川不動滝」は、釜ヶ滝のすぐ下流にかかっています。

俺:「しかし、う~む。これは無理かなあ」

実は、ものの本『ぐんま滝めぐり90選』には、ロープ無しでも、何とか滝前に辿り着けそうな紹介文が載っていたのです。

俺:「滝前までのクライムダウンはいいとしても…」

釜ヶ滝から熊川左岸沿いに、傾斜の緩い箇所が続いています。
そこを辿れば、確かに、何とか行けないことも無さそうなのです。

俺:「でも、今日はロープとか置いてきたからなあ」

しかし、この緩傾斜面、最後の7~8mくらいが、ストーンと垂直に落ち込んでいて、ここの登り返しには、どう見ても30mロープが必要でしょう。
迂闊に行って、帰ってこれなくなったりしたら、それこそ大変。

俺:「仕方がない。とりあえず、近づけるだけ近づいてみるか」

熊川不動滝_その1
熊川不動滝(落差30m)・上段】(群馬県吾妻郡長野原町応桑 『熊川』

そうして撮影したのが、上の写真です。

子:「だが、上段しか写ってないってどうよ」

熊川不動滝は、途中、流身が「くの字」に折れ曲がっています。
今回、撮影できたのは、その折れ曲がる前の上段部分のみ。

俺:「仕方ねえだろ。ロープも無い、ハーネスも無いじゃ、危険は犯せん」
娘:「でも、もうちょっとくらい、滝壺を覗けなかったの?」
俺:「いやいや、コレでも、結構無理してるの!」
娘:「え~?証拠は?」
俺:「見よ。これが普通に撮った写真である!」

熊川不動滝_その2
【熊川不動滝・落口付近】

娘:「あ~」
子:「こりゃ、紛うことなきスマホ写真だ」
妻:「でも、この崖っぷち振りじゃ、スマホでも仕方がないわよ」

ですよね。
三脚を立てて…とか、まず不可能でしたから。

子:「まあ、却って秘境の滝っぽく写ってるんで、これもアリ?」
妻:「そうねえ」
俺:「だがな、いつか滝前に立つことがあれば、その時はちゃんとカメラを使ってやるぜ」
娘:「ねね、その時って、いつ?」


うむ……




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/403-2665677a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示