01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

魔法が醒める

浅間大滝から駐車場へ戻ると、今度は下流に向かって歩いて行きます。

子:「浅間大滝とセットの魚止めの滝!」
俺:「それや」
娘:「ねね、どうだった?」
俺:「それなりに美しい滝ではあった」
妻:「あら、おざなりな感想」

魚止めの滝@熊川_その1
魚止めの滝(落差10m)・概観】(群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢 『熊川』)

浅間大滝は、滝そのものが樹木に包まれていて、
「爽やかな木陰と、透明な水」って感じだったのです。

俺:「だが、魚止めの滝は明るく開けていたんだ」
娘:「問題ないじゃん」
俺:「そうして目に付く滝壺の泡の吹きだまり」
娘:「アワ?」
俺:「そう。川の汚れを連想させるアレな」
子:「へ?でも、透明な水なんだろ?」
俺:「木陰で見るとね」

そうなのです。

明るく開けた魚止めの滝まで来ると、何もかもがよく見え過ぎるせいか、
却って水の濁りが気になって、仕方がなくなってしまったのです。

子:「う~む、そうなのか……」

そうなると、わたくし、
さっき浅間大滝で感動した色々が、急に色褪せてきてしまったのでした。

魚止めの滝@熊川_その2
【魚止めの滝・上部アップ】

妻:「地図だと、上流にゴルフ場や住宅地があるわ」
娘:「あ~、悪い方にアタリだ」
子:「なんて残念」

あれですね、
浅間大滝だけ観瀑して、とっとと帰って来た方が良かったのかも知れません。

俺:「そして美しく感じたのは、もはや新緑だけだった」
妻:「……」
子:「なんだろ、浅間大滝で掛けられた魔法が、急激に醒めたみたいな……」
娘:「悲しいね」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/401-162da72a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示