04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

レジェンド

子:「どちらかと言えば、冬の氷瀑の方が有名だねえ」
俺:「せやな」
子:「だから、この若葉の時期ってのは、まさに穴場だと思うんだ」
娘:「うん、キレイ」

以前から、次男君よりリクエストを頂いていた
長野県大町市にかかる「八坂大滝」
この度、満を持して、「バイノーラル録音」にて滝姿を録って参りました!

妻:「これ、ひょっとして水量が少ないのかしら」
俺:「いや、むしろ多いくらいだろう」
妻:「これで?」
俺:「ああ」
娘:「つまり、夏にはめっちゃショボくなるパターンだ」

八坂大滝_その1
八坂大滝(落差50m)・概観】(長野県大町市八坂石原)

そして、次男君が、常々、滝と同時並行でチェックしているのが、
歴史上の偉人である「弘法大師・空海」「俳人・松尾芭蕉」

子:「滝とともにあるレジェンドだからね」

で、今回の八坂大滝の側にある祠には、
「その弘法大師が祀られている」というワケです。

子:「今回、なんで弘法大師が祀られているのかよく分かんないんだけど…」
娘:「は?わかんない?」
子:「そんなのよくある話だし」
娘:「うわあ、意味不明~」

俺:「でも、確かに際立った云われは無いらしいな」
妻:「伝承が消失してるのかしら」
娘:「むむむ」
子:「何より大事なのは、滝がレジェンドを背負っているって事実なんだよ」

八坂大滝_その2
【八坂大滝・落口】

観瀑当日は、雲ひとつ無い晴天で、
夏の始まりを予感させる気持ちの良い日でした。

八坂大滝は、裏見の滝としても有名なのですが、
わたくし、裏見はそっちのけで、ひたすら正面から観瀑していました。

俺:「この奇岩ぶりが、なんとも言えんわ」

あちこちに開いている奇妙な穴状の窪み。
崖を滴りおちるような不思議な染み。

俺:「まさに奇景だ」

それらが圧倒的質量でもって、
ドーンオーバーハングしてくるのです。
滝前で観瀑していると、奇妙な景観に取り込まれてしまう錯覚に囚われる……。

俺:「いきなり、異世界に放り出されたみたいだな」

八坂大滝_その3
【八坂大滝・上部遠望】

子:「つまりは弘法大師というレジェンドのオーラ」

いや、だからなんで、そういう風に結論が飛躍するんだよ。

娘:「違うでしょ。滝の美でしょ」
妻:「そもそも詳しい伝承が残ってないのに、オーラ?」
子:「宗教ってそういうもんだし」

いやいや、そういう話じゃないから。

子:「はあ、みんな底が浅くて泣けるぜ」
娘&妻:「「はあ?」」
俺:「何言ってんだお前」
子:「不思議な景観だからこそ、お大師様信仰を引き寄せるんだろ?」
俺:「お…」
娘&妻:「「……」」
子:「これぞ、レジェンド・パワー!





人気ブログランキングへ
一理あるかも……
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/397-a904126d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示