FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

鎖に届け!

ドームシェルターを設置すると、
そこからちょっと離れた場所に焚き火を起こします。

俺:「ハフハフ」

焚き火の側で、ジェットボイルでお湯を沸かして「白ご飯」に注ぎ込み、
そこにカリーキットを混ぜ合わせて……

俺:「うめー!!」

ああ、これぞまさに至福!

一石の滝_その1
一石の滝(落差28m)・下部三段】(長野県飯田市千代 『馬小屋沢』

わたくし、夕飯の前に、
翌日の行動計画を立てるため、ちょこっとルートの下見へ。

俺:「ふむ。ここから登ればいいんだな」

馬小屋沢にかかる一石の滝(いっこくのたき)」は、全部で七段の段瀑。
滝に向かって右側(いわゆる左岸側)を見上げると、古い鎖があります。
弱点を丁寧に拾いつつ登ってゆけば、何とか手が届きそうです。

俺:「他に、巻き道とかないんか?」

一石の滝下流の左岸側には、大量の砂礫を伴った沢型の地形。
そこを少し奥に入った所で、
右岸側にぶら下がる古いトラロープを発見しました!

俺:「おお、これが巻き道か。登ってみるか」

スリングを取り出すと、古いトラロープをプルージックで登っていきます。
すると行き着いた先は……

俺:「うわ、崖が崩れてら」

わたくしが登ってきた部分のみが針の尖塔ように取り残され、
そこから上流側に続く尾根道は、左右共に崩壊。
ナイフエッジのような砂の吊り尾根が、40m余りに亘って続いていました。

俺:「この尖塔も、近いうちに崩壊するやろうな」

かつての巻き道は、キケンな廃道と化していました。

一石の滝_その3
【一石の滝と最初の鎖】

さて、翌朝になると、一転して重たい曇り空。

俺:「それこそ、今にも大雨になりそうな感じやったで」

わたくし、雨が降る前になんとか林道にたどり着くべく、
滝上段部の撮影予定など全てすっ飛ばして、遡行に専念することに。

俺:「とにかく、最初の鎖に届くまでが一苦労!」
娘:「どうやって登ったの?」

下見時には登れそうに見えた、この鎖までの最初の取り付き。
ところが、いざ登ろうとすると、大した手掛かりもなくて、とても怖いのです。

俺:「結局、ロープの先にハンマーを付けて放り投げた」
子:「なんと」
俺:「そしたら、ちょうど鎖のところに引っ掛かってね」
兄:「ほう」
俺:「空身で鎖まで登って支点を取ったあと、荷物を背負って登り直し」
娘:「うわあ」
子:「おやじ、なんか凄くプロっぽいゼ!」
俺:(ムフ)

馬小屋沢は、敢えて言えば、この取り付き部分が核心でしょう。

俺:「あとは、車までひたすら駆け抜けたわ!」

一石の滝_その2
【一石の滝・滝壺アップ】

子:「いやあ、沢登りって、こうやって話を聞くだけでも冒険だねえ」

ひとしきり話を聞き終わって、感慨に耽る次男君。

娘:「あたし、実際に登ってみたい!」
兄:「やめとけ。お前にはキケン過ぎる」
妻:「わたしも話を聞くだけで、お腹いっぱい」
俺:「フフフ」

わたくしの初の沢泊物語ここに完!




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!

沢登り ブログランキングへ

【万古渓谷概要はコチラ】
  ↓   ↓   ↓
万古渓谷沢歩きガイドマップ
(泰阜村ホームページより)
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/384-cf2bfd7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示