FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

最狭急流部

万古渓谷の最狭部であり、
且つ、全部で四段の段瀑である「七ツ釜」

ドゴゴゴゴ!(低い地響き)

その一段一段は大した落差じゃないのですが、
全体の急流感がスゴイ。

俺:「…やりおる」

七ツ釜_その1
七ツ釜(落差7m)・下部概観】(長野県飯田市千代 『万古渓谷』

この七ツ釜、怒涛の瀑水が流れ落ちる激流ではあるのですが、
右岸にしっかりとした巻道がついています。

俺:「この鎖がありがてえ」

このくらい確かな手掛かりがあると、
万古不動滝の時みたいな恐怖を感じなくてすみます。

俺:「この様子だと、不動滝までは、結構釣り師が入ってるんだろう」

問題は、滝全体を見渡せるポイントがないことですな。

俺:「七ツ釜って、どう見ても四ツ釜だろうに」

流れが途中でググーッとカーブしているので、
滝の見た目が上下に分断されてしまうのです。

俺:「ま、多段の段瀑ってことは分かるからな」

想像するに、落口から眺め下ろして二段、滝壺から見上げて二段、見えないところに三段、みたいな命名だったのではないでしょうか。

七ツ釜_その2
【七ツ釜・滝壺ゴルジュより】

娘:「うわ、揺れた!」

七ツ釜を滝壺から撮影した動画を見ていたお嬢さん。

兄:「これ、ビビるわ~」
俺:「滝下の巻き込み水流ギリギリまで近づいたからな」
子:「相当な水圧だっただろ」
妻:「よく流されなかったわね」
俺:「いんや。この辺りまでなら、せいぜい胸下までの水深だし、なんら問題なかったぞ」
兄:「いや、オヤジめっちゃ揺れてるから!」

まあ、動画を見てると、時折り水塊がぶつかってきてカメラが揺れる様子が、手に取るように分かりますからな。

俺:「ま、さらに滝壺に近づくとか、滝の直登を試みる場合は、ライフ・ジャケットが要るだろうけど」
子:「……これ、登れんの?」
俺:「ムリ」


沈黙。






人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!

沢登り ブログランキングへ

【万古渓谷概要はコチラ】
  ↓   ↓   ↓
万古渓谷沢歩きガイドマップ
(泰阜村ホームページより)
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/383-a3bc41fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示