FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

予兆

俺:「お、おかしい……」

そういうワケで(※ 前回エントリー参照)
今になってみれば笑い話なのですが、
その時のわたくしは、迷いに迷いました。

俺:「地形図上では、ココが万古不動滝のハズなんだが……」

地図とコンパスを取り出すと、
ひたすら周りの地形との照合を試みます。

俺:「どう考えたって、万古不動滝が落差3mの小滝なワケねえーっ!」

金森淵_その1
金森淵(落差5m)・全景】(長野県飯田市千代 『万古渓谷』

俺:「…しかも、高度計までおかしい」

そうなのです。
見た目3mの落差なのに、
簡易高度計だと、5mになってしまう不思議。

俺:「……」

ここから先、万古渓谷は、
猿間洞沢との出会いから万古不動滝までが、
キャニオンニング序盤の核心となるハズです。

俺:「ここまで事前情報がアテにならねえって、どうするんだよ」

ブルルルッと体を震わすわたくし。
もちろん武者震いですが。

俺:「ここからは、もう、一筋縄ではダメだと思わなきゃいかんな」

とにかく、
気を引き締めて、慎重に行くしかありません。

俺:「よし。まずは大休止じゃ!」

金森淵_その2
【金森淵・主部アップ】

娘:「へえ。お父さん、ここでお昼を食べたんだ」
俺:「ちょっと早めの食事だったけどね。日当たり加減はバッチリだったね」

もちろん妻お手製のおにぎり。

妻:「場所によって、岩が黄金色に見えるわ」
俺:「だろう。気持ちの良いスポットだった」

水流に磨きこまれた岩肌が、
光の具合によっては、金属光沢のよう。

兄:「で、ここで何分遊んだの?」
俺:「いや、遊んでねーし」

むしろ、お昼寝タイム?

子:「で、何分いたの?」
俺:「む。60分くらいはいたかなあ」
子:「ほらやっぱり」
俺:「いや、あのな……」

しかし!

この後に続く序盤の核心部と
この天国的なお昼休憩との落差が、
あまりにも激し過ぎた!




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!

沢登り ブログランキングへ

【万古渓谷概要はコチラ】
  ↓   ↓   ↓
万古渓谷沢歩きガイドマップ
(泰阜村ホームページより)
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/379-20e8b6a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示