06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

最後のオマケ

犬返しの下流に、左岸から流入する顕著な枝沢があります。
その名も『猿間洞沢(えんまぼらさわ)

妻:「変わった名前」
兄:「この『猿(さる)っつう字が、また予想の斜め上だな」
娘:「だよね。普通は閻魔サマを連想するじゃんね」

万古渓谷には、国土地理院地図に滝マークの入っている滝が、
全部で3つあります。

子:「つまりその3つが、万古渓谷を代表する滝ということでいいのか」
俺:「まあ、そうかな」

1つ目が唐沢の滝
もう1つが万古不動滝

俺:「で、最後が、ここ猿間洞沢にかかる第一の滝なのだ」

第一の滝_その1
第一の滝(落差14m)・全景】(長野県飯田市千代 『猿間洞沢』

子:「ほほう」
妻:「これは悪くはないわね」
兄:「フム、その心は?」
妻:「そうね、唐沢の滝の方が貫禄あるけれど…」
娘:「うん」
妻:「美瀑としての佇まいは、これで充分じゃない?」
娘:「なるほど」
俺:「そもそも地形図上は、唐沢の滝と同等の巨瀑マーク

そうなのです。
地図上だと、見方によっては、この第一の滝こそ、万古渓谷最大の滝っぽく見えたりします。

俺:「ちなみに落差は、簡易高度計で14mと出たんだがな…」
子:「まあ、明らかに唐沢の滝より低いし」
俺:「…実物は10m未満に見えたりする」
子:「なんで?」

今回、手元の簡易高度計にて、
滝の落口と滝壺でそれぞれの高度を測り、
その差を「滝の落差」とする手法を取りました。

俺:「すると、全般に、見た目より高い数字が出てくるんだよ」
子:「ああ……」
兄:「でも、それは計器の方が正しいんじゃね?」
俺:「やっぱりそう思う?」
子:「う~む」

第一の滝_その2
【第一の滝・下段】

ところで、この第一の滝の映像は、ネットで検索してもほぼ出てきません。

娘:「どうして?」

万古渓谷は、普通、下流の二軒屋キャンプ場から、
日帰りで遡行されることが多いようです。

俺:「すると、猿間洞沢に辿り着くのは、かなりの体力と時間を使い果たした後だろう」
娘:「うん」
俺:「枝沢に入ってまで滝を見る余裕がなくなるんじゃないか?」
娘:「ああ、そゆこと」

さらには、第一の滝のかなり上流に、カブロの滝という幻の滝まであるらしい。

子:「ほほう。まだまだ秘瀑があると」
俺:「ま、今回は第一の滝までということで」

第一の滝_その3
【第一の滝・下段滝壺ヒョングリ】

子:「この滝壺がヒョングリって、超・珍しいわ」
妻:「こういうの、初めて見るわね」
兄:「初見で『へ?』ってなるよな」
娘:「あれだよね」

娘:「最後のオマケって感じ!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!

沢登り ブログランキングへ

【万古渓谷概要はコチラ】
  ↓   ↓   ↓
万古渓谷沢歩きガイドマップ
(泰阜村ホームページより)
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/378-594a7f41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示