06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

極上コース

唐沢の滝から下ること50分余り。
最初の「難所」である「犬返し」にやって参りました。

犬返し_その1
犬返し(落差2m)・全景】(長野県飯田市千代 『万古渓谷』

娘:「え、これが難所?」
子:「落差ないし、ただの急流なんですけど」
俺:「ウヒヒヒ」

まあ、一般的に言えば「難所」なんでしょうが、
キャニオンニング的には「ウォーター・スライダー・スポット」ですな。

兄:「何だと?」
俺:「そう、ズバリ滑り台!」
娘:「なにそれ、超面白そうじゃん!」
俺:「おう。水量が少なかったお陰で、メチャメチャ楽しかったで」
子:「オヤジ、遊び倒してきたのかい!」
俺:「あったり前!」
娘:「う、うらやましい~」

お陰様で滝壺も穏やかで巻き込み水流も無い、
安心して遊べる、飛び切り上質なアドベンチャー・スポットでした!

俺:「ここだけで30分遊んだな~」
妻:「こういうの見ると、キャニオンニングしたくなるわね」
兄:「だが、大概、こういうところに辿り着くまでが険しいんだろ」
娘:「お母さん、険しいの苦手でしょ」
俺:「う~ん、それが、そうでもないんだよ」

唐沢の滝から犬返しまでなら、
妻に越えられないような難所はありません。

子:「ほう」
俺:「寧ろ、お母さんにも自信を持っておススメできる、極上のウォーター・ウォーキング・コースでしょう」
みんな:「「へえ~」」

犬返し_その2
【犬返し・遠景】

わたくし、沢登りの格好をしていたので、犬返しでは積極的に水と戯れました。
ただ通常なら、釣師さんとかは、ここでは右岸を巻くと思われます。

俺:「犬返しの淵には、大きな岩魚っぽい魚が結構いたんだ」
娘:「へえ」
子:「落差の割には淵が大きいしね」
俺:「そうなのよ」

こう、わたくしが淵に入ってゆくと、
魚たちが、一斉にロケットのようになって下流の浅瀬を爆泳してゆく。

俺:「あのキラキラ光る水面がもうね」
娘:「うわ~」
子:「聞くからに楽園って感じだ」
兄:「映像でも水の透明度が高いし」

ホント、地元の方が自慢されるだけのことはあります。

妻:「これは、真夏に行ってみたい」
子供たち:「「おう!」」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!

沢登り ブログランキングへ

【万古渓谷概要はコチラ】
  ↓   ↓   ↓
万古渓谷沢歩きガイドマップ
(泰阜村ホームページより)
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/377-83712a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示