FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

奇跡の瞬間

空は真っ青
なんという滝日和。
雲ひとつない快晴です。

が……。

俺:「ぬおおお、1時間遅かった!」

赤岩滝_その3
赤岩滝(落差70m)・最上段】(栃木県日光市中宮祠 『赤岩沢』

わたくし、奥日光の秘瀑である「赤岩滝」を訪瀑するにあたって、
事前にマル秘情報を得ておりました。

秘:「日当たりの良い滝です」
俺:「はい」
秘:「通常は、青空の下、高速シャッターにて迸る飛沫の撮影を推奨します」
俺:「はい」

秘:「ところが、青空とスローシャッターが邂逅する奇跡の瞬間があります」
俺:「なんと!」
秘:「ズバリ、日の出直後の30分間」
俺:「ふおお!」
秘:「運が良ければ、青空をバックに、絹糸のような滝姿を撮影できますよ」

つまり、空はピーカンだけど、
被写体である滝や、その周りの景色は日陰のままなので、
空の青と、絹糸状の白い水流を
スローシャッターで同時に収められる奇跡の瞬間があるらしい。

俺:「絶対やったる!!」

赤岩滝_その2
【赤岩滝・落口アップ】

そう。「ところが……」なのです。

万一に備えて前夜のうちに赤沼駐車場入りし、車中泊。
朝4時にはヘッドランプを付けて駐車場を出発。
昼の間だけ低公害バスが通る専用道路を、テクテクと歩いてゆきます。

そして弓張峠を越え、
外山沢沿いに出たところでした。

ズザザザザ!

俺:「く、熊だ!」

わたくしから、直線距離にして僅か50m。
専用道路から見下ろす沢沿いの笹藪に、すこし小ぶりの熊!

俺:(セオリー通りに、セオリー通りに)

熊と睨めっこ状態になってしまったわたくし。
脳内でひたすら呪文を唱えながら、
手で熊鈴をチリチリ鳴らし続けます。

ドドッドドッ!

暫くすると、熊の方から、森の奥へと移動してくれました。
5分も睨めっこしてなかったと思います。
でも……。

俺:「アカン。もっと慎重に行かんと」

わたくし、
すっかり歩くペースが落ちてしまいました。

赤岩滝_その1
【赤岩滝・全景】

俺:「そういうワケで、1時間遅れた」
子:「げげ」
俺:「で、終ぞ奇跡の瞬間に出会えなかったのだ」
娘:「あちゃ~」
妻:「……」
兄:「不運過ぎる」

こう、森の上部だけが強烈な光を浴び、
滝本体は写真以上に薄暗い影の中。

妻:「せっかくの青空が、白く飛んじゃってるわね」
子:「コントラストがキツ過ぎ」
俺:(ぐおっ)

娘:「滝怪獣も、熊には勝てなかったか~」
俺:(うぐっ)
兄:「当たり前だろ」
子:「ホント、滝って一期一会だねえ」

残念ですが、その通りでございます。

子:「リベンジする?」
俺:「いやいや、ちょっと山奥過ぎるわ!」
娘:「ねね、あたし、お手伝いできるよ?」
俺:「何を?」
娘:「え~と……」


沈黙。





人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/375-7545a258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示