03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

美瀑だけど

会津駒ケ岳の登山道を登ること約30分。(※注)
鬱蒼とした森を抜けた先に、その滝が姿を現したのでした。

竜ノ門の滝_その1
竜ノ門の滝(落差60m)・全景】(福島県南会津郡檜枝岐村下ノ原 『下の沢』

娘:「イイじゃん!」
子:「やっぱ60mはデカイな」
娘:「水量が多いし」
俺:「ああ、中々のスケールやったで」

遠望しかできないので、間近に迫る迫力はないのですが、
かえってその分、全体の大きさが伝わってきます。

子:「でも、ちょっとに埋もれ過ぎかな」
娘:「夏の終わりなんて、どこもこんな感じでしょ」
子:「竜ノ門の滝って、実は、紅葉の名所なんだけどねえ」
娘:「え……」


間。


娘:「お父さん、これ、行く時期を間違えてる!」

竜の門の滝_その2
【竜ノ門の滝・上段アップ】

俺:「まあまあ。映像をアップにすると、イキイキした感じになるから」
子:「おや!」
娘:「ホントだ……」

動画だと、
上段滝壺が怒涛の波を立てているのが分かります。
そこから溢れるようにして、
優美な曲線を描く下段の滝に続いてゆく。

子:「これは、ますます秋に行ってみたくなるねえ」
娘:「きっと、とてつもなくキレイだよ!」

アレですな。
総論としての「美瀑」は、皆の意見が一致。

俺:「これはやっぱ、下段の曲線美がハイライトだろう」
子:「ええ?僕は上段直瀑の方だと思うけど?」
娘:「あたし、全体がイイと思う!」

しかし、
各論になると、てんでバラバラに。

子:「滝に個性があるように、見る側にも個性があるのは当然だし」

ウム。

竜の門の滝_その3
【竜ノ門の滝・下段アップ】

娘:「いいな~いいな~」
子:「これは良瀑にして美瀑
娘:「あたし、秋に連れてって欲しいな~」
子:「そしてやっぱり、お母さんも連れてくべきだゼ」

叶えてあげたいその願い。
しかし、う~む。

俺:「残念だけど、今年はムリじゃないかな……」(※注)




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!

【※注】

わたくしが「竜ノ門の滝」を訪瀑した時は、
自然災害のために滝までの登山道が通行止めになっていて、
完全自己責任のバリエーション・ルートと化していました。
 ↓  ↓  ↓
尾瀬檜枝岐温泉観光案内所・インフォメーション

再開通までには、時間がかかるようです。
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/374-c0500790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示