08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

林道が沢

ドゴッ!

俺:「うわっ!またやっちまった!」

おかしい。

俺:「あああアカン!ハンドルが取られる!」

我がベンツにて、林道を走っているハズなのです。
ですが、見るからにガレガレの沢を遡っているわたくし。

俺:「もう、カンベンしてくれ~」

ドゴゴッ!

高瀑_その1
高瀑(落差132m)・全景】(愛媛県西条市小松町石鎚 『高瀑渓谷』

子:「キター!四国ナンバー・ワン!!
妻:「背景の樹木が、ずいぶん小さく見える」
娘:「デカ~」
兄:「いやちょっと、これ凄くね?」

そうなのです!
以前に行きそびれていた石鎚山系最大の滝「高瀑(たかたる)」へ、
遂に行って参りました。

ニュースでもたびたび遭難が報じられる難コースということで、
念入りな事前調査を重ね、ガッツリ沢登り用ギアを用意していきました。
少々ザックが重くなってしまいましたが、しかし背に腹は代えられません。

俺:「だがな、その前に大きな落とし穴があったのだ」

高瀑に到る林道が、ちょっと荒れているということでしたが、
わたくし、ハッキリ言ってなめていた!

俺:「車高が高いジープとかじゃないと、車の底がガリガリガリ!
兄:「ああ……」

林道はあちこちで沢のようになって水で抉られ、
あるいは土砂に埋もれて傾き、
ちょっと油断するとタイヤがパンクしてしまいそうな、鋭利なガレ場を走る……

俺:「途中で、にっちもさっちも行かなくなりかけて半泣き」
娘:「うわぁ」
子:「う~む。それ、今までで一番ハードなアプローチ道じゃね?」
俺:「そう。高瀑訪瀑の核心はコレだった!」

高瀑_その2
【高瀑・上部アップ】

林道がそんな状況だったので、渓谷道の方も厳しいのかと思いきや、
結構整備されていて、思わず拍子抜け。

妻:「遭難者が出てるので、自治体が手直ししてるんでしょ」
俺:「そうだと思う。難所には必ずロープがあったし」
娘:「じゃあ、渓谷道の方は大自然を堪能できたんだ?」
俺:「そうだな、気持ちよかったな」

次々と滝が現れる美しい渓谷。
そのフィナーレを飾るように、遥かな高みから落ちる高瀑

俺:「水量が多いのも良かった」
娘:「え、これで多いの?」
子:「夏の渇水期には、滝の体を成してないことも多いってさ」
妻:「そうなの」
娘:「へえ」
兄:「で、その分、林道が沢状態だったと」
俺:「おう!」

高瀑_その3
【高瀑・正面から】

兄:「滝音はささやかだけど、スケール感がパネェな」
子:「やっぱ落差があるって、凄みだよねえ」
娘:「ここまで高いと、なんかもう問答無用って感じ」

わたくしとしても、あの沢林道を通らなくて済むなら、
何度も行ってみたくなる滝ではあります。

子:「フフフ高瀑
娘:「名前そのまんま」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!

※注↓高瀑渓谷・林道の↓2015年9月現在の状況はこちら↓

次記事:http://goo.gl/d7fwDo 「持ってる」
ソース:http://goo.gl/EuTtdB
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/371-c785c2b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示