FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

杉の古木たち

俺:「どうしよう。行くべきか、退くべきか……」

時計を見ると16時を回ったところ。

俺:「最悪、復路で真っ暗になるよな、これは」

しかし、ターゲットは広島県No.2の高瀑。
ここで見逃す手はありません。

俺:「ウ~ム」

仕方がありません。
覚悟を決めたわたくし、熊鈴を2個に増やすと、
ヘルメットにヘッドランプを取り付けます。

俺:「よし!いざ、トワイライト・ハイキング!

那智の滝_その1
那智の滝(落差78m)・概観】(広島県庄原市西城町熊野)

なんとか撮影が可能な陽光が差し込んでいる内に
那智の滝に辿り着くことができました。

娘:「へえ、那智だなんて三大瀑布と同じ名前じゃんか」
俺:「そうなのよ、神社の名前が熊野だし、川の名前も熊野川だし…」
妻:「あら」

そうなのです。
位置関係としては、竜王山の麓に熊野神社
その神域の那智の滝といったところ。

俺:「だから、三大瀑布とも歴史的なつながりがあると思われるぞ?」
子:「なんで疑問形?」

それが、境内入口の看板には、
紀伊の熊野大社との繋がりを示す記述が一切ありませんでした。

子:「はあ?嘘だろ、こんなにあからさまなのに」

那智の滝_その2
【那智の滝・上段部アップ】

そして!

恐らくは、那智の滝一帯を包み込むように神域が広がっているのでしょう。
入り口から続く、手入れの行き届いた杉の古木が立ち並ぶ森林。

俺:「超太い杉の古木があれだけ密集していると、凄い迫力があるぞ」
妻:「歴史を偲びながらのハイキングなんて、イイじゃない」
俺:「うむ、昼間ならね」

夕刻に足を踏み入れたわたくしは、歴史を偲ぶどころか、
むしろ熊の気配に怯え、古木の醸し出す圧倒的な宵闇のプレッシャーに、
胸を押し潰されそうな感覚でした。

俺:「あの、ヘッドランプの心許ないこと!」

それは、幽霊なんかのおどろおどろした雰囲気とは真逆の意味で、
非人間的な、人智を超えた何かを感じさせてくれるのです。

俺:「言ってみりゃ、杉の古木が最大のクライマックスだったかも知んないわ」

那智の滝_その3
【那智の滝・中段部アップ】

子:「滝自体は美瀑に入るな、コレ」
娘:「うん、キレイ」
妻:「遥か奥の方から落ちてくるスケール感が凄い」
俺:「ああ」

当日は大雨後ということもあって、
結構、滝の水量が多かったようです。

子:「僕としては、上段部のトイ状ゴルジュがポイントだな」
俺:「そうだな」
妻:「滝の凄みが、それで随分プラスされる感じね」
子:「ウムウム」
娘:「あたしは、中段部のヒョングリがいい」

那智の滝
色々な意味で名瀑でした。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/370-d18c9fa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示