FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

それって天国

そして、奥の滝手前にかかる
龍頭峡の盟主「二段滝」

俺:「逆光気味で、あまり映像がキレイに撮れなかったんだけどさ」
妻:「確かに、コントラストが激しいかな」
俺:「奥の滝の倍はある、そのスケール感に圧倒されました」

二段滝_その1
二段滝(落差40m)・全景】(広島県山県郡安芸太田町中筒賀 『龍頭峡』

二段滝は、滝の正面に観瀑テラスがあるのですが、
そこから眺めるのがベストではないかと思われます。

俺:「滝下からだと、上段が隠れてしまうのだ」
子:「フム」
娘:「一段目と二段目が、だいぶ離れてる?」
俺:「そういうこと」

この距離が、余計に二段滝のスケール感を醸し出していますな。

俺:「下段の滝壺は、広さはあるものの、意外と深くなかったわ」
妻:「岩盤が固いか、水流が少ないか」
子:「両方じゃね?」

奥の滝がかかるのが本流。そこへ、二段滝の支流が流入しています。
なので二段滝の水量は、さほど多くはありません。

娘:「これだと、上段の滝壺が見えないじゃん」
俺:「そりゃ、下段を登らないとダメだろうけどなあ」

でも、パッと見、巻き道も無さそうでしたし、
わたくしの力量では、上段滝壺を見ることは、ほぼ不可能でしょう。

娘:「だって下段って、落口がガッシリしてて、水が宙を舞ってる」
子:「そうだねえ…」
娘:「でも上段は、岩が剥がれ落ちたのか、多段気味」
子:「そうだねえ…」
娘:「きっと、下段の方が岩が硬くて、浸食が遅いからだと思うんだ」
子:「ほほう!」

あれか。
元は一段の滝だったけど、浸食スピードの差で二段に分かれたってことか。

娘:「だから、もし上段の滝壺が深かったりしたら…」
俺:「たら?」
娘:「昔は下段も深かったけど、今は土砂で埋まってしまってるとか、そうことが分かるよ?」

子:「……」
妻:「……」

うん、分かんね~と思う。

二段滝_その2

妻:「マイナスイオンいっぱいの滝」
子:「いいよね」
妻:「フィトンチッドあふれる渓谷道」
子:「なんという贅沢」
妻:「行ってみたいわね~」
子:「だよねえ~」

まさしく龍頭峡は、癒し安らぎに満ちていると。

娘:「それって天国じゃん!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/369-c2983ff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示