FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

マイナー

俺:「思ってた程には、インパクトが無いなあ」

小西大滝_その2
小西川大滝(落差130m)・上部】(長野県飯田市上飯田 『小西川』

南信州で最も落差のある滝の一つ、「小西川大滝」
水量の増減が激しい滝らしく、
季節によっては、ほぼ涸滝と化すようなのです。

俺:「だから、わざわざ大雨時を狙って来たんだがなあ……」

実は、豪雨でそれなりの水量はありました。
しかし、滝の規模がでか過ぎて、
今一つ、インパクトに欠けてしまう……。

俺:「ま、せっかく来たんだし、映像だけでもしっかり撮ってゆくか」

小西大滝_その1
【小西川大滝・主瀑布概観】

子:「久々の巨瀑なんだけど」
娘:「木が邪魔で、全景がよくわからないじゃん」
兄:「水流細っ!雪解けに行くべきだったんじゃね?」
妻:「でも、だいたいの滝姿は想像つくでしょう」
俺:「あー、いや、うん」

実は、小西川大滝は、三方向から滝が合流する複合瀑布だったのです。

子&妻:「「は?」」

【小西川大滝の構成要素】

(一) 向かって右側から合流する、最も水流の多い、低めの滝。

(二) 中央断崖を駆け落ちてくる主瀑布。いわゆる「小西川大滝」本体。

(三) 向かって左側から合流する、最も水量の少ない滝。
  (落差は右瀑布よりちょっと高め。)


子:「そっちの映像はどした!」
俺:「それこそに埋もれてたわ!」
子:「落差は?!」
俺:「知らんわ!」


沈黙。


俺:「だから、本瀑しか撮影してないです……」
兄:「うわ~残念だわ~。まっこと残念だわ~」

小西大滝_その3
【小西川大滝・中段】

俺:「そもそも、そんなに知られてない滝だし…」
娘:「そんなにって?」
俺:「地元の人に道を聞いても、知ってる人が殆どおらんかった」
兄:「へえ、マイナーな巨瀑か」
妻:「マイナーって言葉と、巨瀑って言葉のギャップが凄いわね」

だいたい「小西川大滝」が有名になるには、
こう、不利な条件が多いと思うのです。

兄:「例えば?」
子:「季節によっては涸滝とか?」
俺:「そう」
娘:「緑に埋もれてるとか?」
俺:「そう。でも、最大の理由は、工事用の林道を延々と登り続けるんだよ」


間。


妻:「それは…」
兄:「全身全霊遠慮したい」
子:「僕、映像だけで大変満足しました」
娘:「お父さんの頑張りが伝わって来た、ウン!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/362-e72bc03d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示