FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

難題です

俺:「これは難しい」

阿智村の清内路にある名瀑「姿見不動滝」にやって来たのですが、
早速問題が発生。

そう!

滝上部の陽が差している部分と、
滝下部の日陰になっている部分とのコントラストが強すぎて、
うまい具合に写真に納まってくれないのです。

俺:「このギャップ、どう料理すべきか……」

姿見不動滝_その1
姿見不動滝(落差20m)・全景】(長野県下伊那郡阿智村清内路)

子:「確かに上の方が白く色飛び気味だねえ」
娘:「木が覆いかぶさって、鬱蒼としてるのにね」

わたくしが訪瀑したのは、
日が傾き始める頃合でした。

子:「谷が陰り始める時間じゃね」
俺:「それ。滝下部の暗がり具合が、余計にコントラストをきつくしてたわ」

スローシャッターだと滝上部が色飛びし、
高速シャッターだと滝下部の水流が写らなくなってしまうのです。

俺:「それで、写らないよりは、色飛びしてても滝の全体像が見えた方がいいと思ったんだ」
娘:「なるほど」
子:「それでこの映像か」

姿見不動滝_その2
【姿見不動滝・上部アップ】

俺:「欲を言えば…」
子:「なに?」
俺:「滝が最も美しく見える時間帯に行ければ、文句ないんだがな」
子:「遠方だし、一期一会だし、無いものねだりは良くない」

ウムム…

妻:「それに、この写真でも、充分に名瀑の魅力が伝わってくるわよ?」
娘:「あ、でもさ…」

なんだい?

娘:「曇りの日とか、きっともっとキレイに写るのは間違いないよね」


……。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/361-80973bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示